NEW

JRAも芸能界も追放でAV打診? 武豊不倫疑惑「小浦愛」を待ち受ける末路

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAも芸能界も追放でAV打診? 武豊不倫疑惑「小浦愛」を待ち受ける末路の画像1

 武豊騎手に降ってわいた「フライデー」(講談社)のキス報道。このまま騒動は拡大の一途をたどるかと思われていたが、武豊騎手の妻である佐野量子さんの「水に流す」発言により一転。早くも収束を迎えようとしている。

 武豊騎手側は、佐野さんの温情により無事に元サヤに収まりそうだ。しかし、収拾がつかない事態に発展しそうなのは報道でお相手とされた小浦愛だ。

「小浦は昨年の1月から1月からグリーンチャンネル『トレセンまるごと情報局』のリポーターに就任。武豊騎手も所属している栗東を担当していました。ですが、競馬界の第一人者である武豊騎手と"疑惑"が浮上し、なおかつ相手方にも迷惑をかけたとあれば、責任を取る意味でも番組降板は濃厚。徐々に競馬ファンからも人気が出ていたのでもったいないですが、やむを得ないでしょう」(記者)

 たった一度の過ちだったのかもしれないが、小浦が払わなければならない代償は大きいようだ。

 2年前、「女性セブン」(小学館)で、武豊騎手との"手つなぎデート現場"が報じられた美馬怜子は、16年の3月いっぱいで前の所属事務所との契約を解除、レギュラー出演していた番組から降板した。事務所側は、契約解除は本人から「美容中心の活動をしたい」という意向があったと説明している。だが、突然の契約解除の裏には、この"手つなぎ報道"の影響があったと見るものは多い。

JRAも芸能界も追放でAV打診? 武豊不倫疑惑「小浦愛」を待ち受ける末路のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、JRA小浦愛武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!