NEW

戸崎圭太が"ズッコケ週末"...... 裏開催に行くも勝利数は伸びずメインでの勝負弱さも露呈

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tosakikeita02.jpg

 今年も佳境を迎えつつある騎手リーディング争い。昨年はC.ルメール騎手と戸崎圭太騎手が熾烈な争いを繰り広げたが、今年はそこにM.デムーロ騎手も加わり、三つ巴の様相を呈している。

 現状ではルメール騎手が166勝、戸崎騎手は156勝、デムーロ騎手が151勝をあげている。いずれもまだトップを狙える位置につけており、誰が栄冠に輝くのかはまだ予断を許さない状況だ。しかし、3人の中では戸崎騎手が、一番分が悪いと見ている者も多いようだ。

「戸崎騎手は先週、最多タイの4勝をマーク。ルメール騎手が2勝だったので、トップとの差を縮めました。ですが戸崎騎手はエリザベス女王杯(G1)に騎乗できる状況だったにもかかわらず、同日開催の福島記念(G3)を選択。"裏開催"で勝利数を伸ばして一気にトップに近づく算段だったのでしょう。ですが、思うように勝利をあげられなかったよう。

 さらに福島記念では1人気に支持されたサンマルティンに騎乗したものの、レース序盤から掛かってしまい、最後の直線で早々と力尽き、14着と残念な結果に。メインでの勝負弱さを露呈した形となりました」(記者)

 福島競馬場で戸崎騎手はメインレースを含めて8レースに騎乗。そのうち、6回も1人気に支持されていた。だが、あげた勝利は2勝で、重賞は惨敗。この結果はいささ寂しいものがある。

戸崎圭太が"ズッコケ週末"...... 裏開催に行くも勝利数は伸びずメインでの勝負弱さも露呈のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、C.ルメールM.デムーロ戸崎圭太の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!