NEW

乃木坂46「最悪事件連発」で人気急落間近......「カメラ落下→平常開催」「レコ大デキ」に続き「大量投棄」も?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
乃木坂46「最悪事件連発」で人気急落間近......「カメラ落下→平常開催」「レコード大賞デキ」に続き「大量投棄」も?の画像1

 人気絶頂を誇るアイドルグループ・乃木坂46。今月7、8日には初の東京ドーム公演も行い、その人気は今や最高潮といえるかもしれない。

 西野七瀬、白石麻衣などメンバー個々の人気も高く、モデルに映画にドラマにと大活躍中だ。アイドル界でも突出した存在であるといえるだろう。

 しかし、この最高潮と同時に、物議を醸す「事件」も多々起きており、このまま人気をキープできるのかと疑問の声も出ている。

 まず、この東京ドーム公演で起こった「事故」だ。

 7日公演中、ワイヤーで会場上方に吊るされていたカメラが、公演中に客席へ落下する事故が起きた。落下したカメラの重さは約40キロ。観客3人が軽傷を負うという「一歩間違えば死亡事故」の出来事だったのだ。カメラが激突しひしゃげたパイプ椅子の画像も多く出回り、その生々しさと恐怖を伝えている。

 しかし、乃木坂46の運営は8日に「事故にあわれた方には、心よりお詫び申し上げます。また、日頃より、乃木坂46を応援していただいている皆様には ご心配をおかけし、誠に申し訳ございません」と公式サイトで謝罪したものの、8日の公演は予定通りに開催。この決定に「非常識」という声が殺到し、運営側のモラルの低さが叫ばれている。

 また、同公演の終盤、白石麻衣が「今こうやって東京ドームに立てていること、こんなにもステキな景色を見られて、本当にうれしく思います」とした上で「みなさんをこのステージに連れてこれたのも、本当にうれしく思います」と発言。

乃木坂46「最悪事件連発」で人気急落間近......「カメラ落下→平常開催」「レコ大デキ」に続き「大量投棄」も?のページです。ギャンブルジャーナルは、エンタメ、レコード大賞乃木坂46人気の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!