NEW

関東の超大物調教師に「謎の引退」可能性浮上 JRA・G1級の有力馬所属も「原因不明」来年2月に定年待たずして勇退か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関東の超大物調教師に「謎の引退」可能性浮上 JRA・G1級の有力馬所属も「原因不明」来年2月に定年待たずして勇退かの画像1

 今年も年の瀬が迫り、競馬サークル内では引退を控えた調教師の具体的な話が囁かれ始めている。

 歴代賞金王となるテイエムオペラオーを手掛け、和田竜二騎手の師匠にあたる岩元市三調教師や、今も種牡馬として活躍するマンハッタンカフェなど数多くの重賞馬を手掛けた小島太調教師。この秋、武豊騎手とのコンビでスプリンターズS(G1)に出走したダイアナヘイローの福島信晴調教師などが、来年2月に70歳の定年を迎える。

 1989年に導入された調教師の定年制度。仕方がないこととはいえ、競馬界を彩る"役者"が第一線を退くことに一抹の寂しさを覚えざるを得ない。だが、その中で「ある大物調教師」が、定年を待たずに厩舎を解散する可能性が高まっていることが密かな話題となっている。

 関東美浦の某ベテラン調教師は、リーディング上位に与えられるJRAの優秀調教師賞を何度も受賞したことがある名伯楽。蛯名正義騎手や柴田善臣騎手といった関東の実力者と太いパイプを持ち、これまでにも数々の重賞レースを制している。海外志向も積極的で、日本馬が当然のように海外に出走する昨今の礎を作ったパイオニアの1人と述べても過言ではないだろう。

「かつては毎年のように複数の重賞勝ち馬が出る一流どころでしたが、ここ2年は成績がガクッと落ちており、苦しい状況を迎えていました。すでに厩舎内では話し合いが持たれているそうで、定年を待たずして解散という形が濃厚になっているようです。

関東の超大物調教師に「謎の引退」可能性浮上 JRA・G1級の有力馬所属も「原因不明」来年2月に定年待たずして勇退かのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、定年引退調教師の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!