NEW

Hey! Say! JUMP『紅白』初出場も「醜聞多すぎ」で冷たい視線......まさかの「ジャニーズ排斥」も?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Hey! Say! JUMP『紅白』初出場も「醜聞多すぎ」で冷たい視線......まさかの「ジャニーズ排斥」も?の画像1

 アイドルグループHey! Say! JUMPが、CDデビュー10周年で『NHK紅白歌合戦』に出場することがわかった。

 10代、20代を中心に高い人気を誇る同グループ。低迷囁かれる『紅白』の切り札、とのことだが......。

 この決定に対し、世間からはやはり白けた声が多いのが実情だ。

「嵐の二宮和也が白組司会、例年出演するTOKIOに関ジャニ∞にSexy Zone、その上Hey! Say! JUMPも出場となれば『ジャニーズコンサート』と揶揄されても仕方がないです。

また、同グループはジャニーズきっての『問題児グループ』として知られています。熱愛報道などはまだかわいいもので、未成年喫煙や泥酔での警察沙汰、二股騒動などそのスキャンダルは枚挙に暇がありません。『こんなグループ見たくない』という声も多いですよ」(記者)

 印象の悪いスキャンダルを幾度となく起こしているHey! Say! JUMPだけに、厳しい意見が多いのもうなずける。ジャニーズ事務所への世間の目も厳しい状況であり、歓迎ムードとは程遠いようだ。

Hey! Say! JUMP『紅白』初出場も「醜聞多すぎ」で冷たい視線......まさかの「ジャニーズ排斥」も?のページです。ギャンブルジャーナルは、エンタメ、Hey! Say! JUMPNHK紅白歌合戦ジャニーズの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!