NEW

武豊にエアスピネル陣営「三行半」!? R.ムーアに乗り替わりは「呆れられた」可能性大......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊にエアスピネル陣営「三行半」!? R.ムーアに乗り替わりは「呆れられた」可能性大......の画像1

 19日のマイルCS(G1)で人気の一角として出走するエアスピネル(牡4 栗東・笹田厩舎)の鞍上が、短期免許で来日中のR.ムーアになることが正式決定した。

 先週、調教時の落馬負傷により騎乗を自重していた武豊騎手は、今週日曜から騎乗を再開することがすでにわかっている。「netkeiba.com」の取材によれば、「声を掛けてくれる陣営の思いに応えたいし、ベストの状態に持っていきたい」とし、2鞍に騎乗予定だ。

 また、これまで主戦騎手として騎乗したエアスピネルに関しては「武豊騎手のケガの状態と、舞台がG1であることを考慮して、オーナーサイドと最善の形を取りました」と語っていたようで、乗り替わりの理由としている。

 無論、「病み上がり」の武騎手に不安がある点は否めず、その替わりに世界のR.ムーアが騎乗するとなれば文句はないだろう。

 ただ、もともと陣営は先週の負傷、そして騎乗自重の時点で武騎手を「乗せるつもりはなかった」のではないかという声も。

「以前に語ったように(リンク)、武騎手の負傷離脱で1週前追い切りに騎乗できず助手が代役を務め、思うような調教にならなかったという話があったからね。陣営から『中途半端な状態では乗ってほしくない』という文句タラタラなコメントも一部で聞こえていたらしいし。

武豊にエアスピネル陣営「三行半」!? R.ムーアに乗り替わりは「呆れられた」可能性大......のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、エアスピネルムーア武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!