NEW

武豊「来年は地獄」? 「オーナー激怒」のウワサ飛び交う非情乗り替わりではすまない「スキャンダル」の余波

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「来年は地獄」? 「オーナー激怒」のウワサ飛び交う非情乗り替わりではすまない「スキャンダル」の余波の画像1

 15日に発表された、マイルCSに参戦するエアスピネルの「鞍上交代」。これまで同馬と苦楽をともにしてきた武豊騎手から、R.ムーア騎手に代わったわけだが......。

 この決定にファンからは「不可解」「武さんのほうが絶対にいい」と不満が爆発している状況だ。先週の調教での落馬負傷→騎乗自重という流れがあったが、今週日曜からは騎乗復帰。復帰するならエアスピネルに騎乗させるべきでは、という意見も多い。

 エアスピネルを管理する笹田調教師は「武豊騎手のケガの状態と、舞台がG1であることを考慮して、オーナーサイドと最善の形を取りました」としているが、オーナーからすれば、万全でない可能性のあるジョッキーを大事なG1に騎乗させたくはないだろう。これは心情的に十分理解できる。

「記者の間でも『オーナーが怒ったのではないか』ともっぱらですよ。調教での負傷による騎乗自重の発表翌日には、『フライデー』(講談社)から不倫疑惑のスクープも出されました。エアスピネルにとって最大のチャンスといえるレースの直前にこのような醜聞が出たことで、オーナーが呆れ果てたという可能性は捨て切れません。

『エア』の冠名のラッキーフィールドは、エアグルーヴやエアシャカールなど武騎手とのコンビでG1を複数勝利してきた、いわば蜜月な関係。富士S勝利の際にはオーナーの娘さんに向けて『投げキッス』をしたことも話題になりました。そんな中での今回の乗り替わり。今夏、一時天皇賞を目指し札幌記念にエアスピネルが参戦した際は、キタサンブラックとのバッティングを避けるためにC.ルメール騎手に乗り替わりましたが、今回の深刻度はまったく違うものといえそうです」(記者)

 武騎手と往年の関係を築いてきたオーナーとの間に「亀裂」が生じてもおかしくはないのかもしれない。因果関係は謎だが、スキャンダル直後の騎乗ができなかったというのは心象もよくないだろう。

武豊「来年は地獄」? 「オーナー激怒」のウワサ飛び交う非情乗り替わりではすまない「スキャンダル」の余波のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、エアスピネルオーナー武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!