NEW

R.ムーアから「神ジョッキー」の称号はく奪!? 「1番人気9戦全敗」と絶不調の世界No.1騎手に「影武者疑惑」噴出?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
R.ムーアから「神ジョッキー」の称号はく奪!? 「1番人気9戦全敗」と絶不調の世界No.1騎手に「影武者疑惑」噴出?の画像1
R.ムーア騎手(Cake6より)


 現在、短期免許で来日中のR.ムーア騎手が「影武者ではないか」と話題になっている。

 無論、単なる冗談で本人が来日していることは間違いない。だが、それにしては成績がイマイチ......。この秋は先週から騎乗しているが、ここまで16戦して1番人気が9回もあったにもかかわらず、わずか1勝止まりだ。

 ことごとく人気馬を馬券圏外へ"飛ばしている"ということもあって、ネット上の掲示板では、すでに馬券ファンの間では「本当にムーア騎手なの?」という疑惑が生まれ始め、早くも「被害者の会」なるものが出来上がっている始末だ。

「うーん、どうしたんでしょうね。1番人気には当然"ムーア人気"もありますが、それでも結果を残してきたのがムーア騎手。馬券を買ったファンからは『どこが世界1なの?』『オレの知ってるムーアじゃない』『人気で出遅れ過ぎだろ』などと、低調な結果に早くも不満が噴出している様子。来日したばかりで日本のリズムに馴染み切っていないのかも......」(競馬ライター)

 日本の競馬ファンに卓越した技術を示した昨年の凱旋門賞(G1)を始め、これまで数々の世界的なビッグレースを勝ちまくっているムーア騎手。その存在はすでに「世界No.1」と評されているが、過去に短期免許で来日した際も存分に実力を見せつけていた。

 記憶に新しいところでは、モーリスでマイルCS(G1)を勝っただけでなく、ジャパンC(G1)で伏兵のラストインパクトをクビ差の2着に導くなど、圧倒的な勝負強さを見せつけた一昨年。さらに、モーリスで天皇賞・秋(G1)を勝ち、その勝利騎手インタビューで「次の騎乗(オーストラリアのメルボルンC)が迫っている」と、颯爽と地下馬道へ走り去った姿には、「さすが世界のムーア」とファンからも絶賛の声が聞かれていた昨年。

R.ムーアから「神ジョッキー」の称号はく奪!? 「1番人気9戦全敗」と絶不調の世界No.1騎手に「影武者疑惑」噴出?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、JRAムーア騎手の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!