NEW

JRA大物調教師の「嫌がらせ」がキモすぎ!? 転厩厩舎への「ストーカー行為?」に騒然

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA大物調教師の「嫌がらせ」がキモすぎ!? 転厩厩舎への「ストーカー行為?」に騒然の画像1

 競馬は騎手、調教師、厩舎スタッフ、馬主など、数多くの人間が絡んで成り立っているもの。当然ながらその中には美談があり、そしてそれ以上に醜聞やドロドロした内情があるものだ。醜聞が多いからこそ、美談の輝きは増す。

 今回ご紹介するのは、ある大物調教師ともう一人の調教師、そして馬主にまつわるドロドロ話だ。

 大物調教師Xは、数年前に日本競馬を代表するアイドルホースや世界的にも高い評価を受けた名馬を管理し、一躍競馬界の中心に躍り出た有名人だ。現在も調教師リーディングでトップクラスの実績を誇る。

 もう一人の調教師Lは、父が有名調教師で数多くの名馬を管理。近年、父の勇退で厩舎を引き継いでいる。現在勝利数はさほどだが、今後の飛躍が期待されるトレーナー界のホープである。

 実はこのX、最近あるオーナーと「仲違い」をしたようで、所属馬エーテル(仮名)が転厩した。3月のレースで最下位に敗退しており、その後物別れとなっている点から、原因はその結果に関することか。調教師とオーナーが揉めて関係が切れるというのはよくある話。人と人が関わるとなれば特段珍しいことでもない。

 ただ、この話はそれだけでは終わらなかった。

JRA大物調教師の「嫌がらせ」がキモすぎ!? 転厩厩舎への「ストーカー行為?」に騒然のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、JRA調教師馬主の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!