NEW

「日本競馬史上最強馬」父系途絶えるか......エルコンドルパサーの後継・ヴァーミリアン種牡馬引退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「日本競馬史上最強馬」父系途絶えるか......エルコンドルパサーの後継・ヴァーミリアン種牡馬引退の画像1

 2007年のジャパンCダートなどG1競走9勝をあげたヴァーミリアン。10年12月に現役から退いて種牡馬入りしていたが、このたび種牡馬からの引退とノーザンファームでの乗馬転向が「イーストスタッド」のHPで発表された。

 ヴァーミリアンは伝説的名馬エルコンドルパサーを父に持つ。デビュー後4戦目のラジオたんぱ杯2歳S(G3)で重賞初制覇を達成するなど早くから才能を発揮。その年のクラシック戦線でも主役の1頭になると思われていた。だが、春のクラシック路線の前哨戦スプリングS(G2)を14着で終えると、皐月賞でも12着と惨敗。その後も芝の重賞に挑戦するも、成績を残すことはできなかった。

 そこで陣営はダートへの転向を決断。するとオープン戦のエニフS、彩の国浦和記念(G2)と2連勝を記録。翌年もダートを中心に出走して、ダイオライト記念(G2)などで勝利を飾り、07年からは破竹の勢いでフェブラリーSやジャパンカップダートなどのダートのG1競走を制し、引退までに9勝をあげるなど大活躍を見せた。

 息長くダート戦線で活躍したヴァーミリアンの引退年齢は8歳時。ラストランはジャパンカップダート(G1)だった。この年も川崎記念(G1)を制するなど活躍していたヴァーミリアンだったが、レースでは4コーナーの入り口から後退し、そのまま自己最低着順となる14着。管理していた石坂正調教師は「これまで本当によく頑張ってくれた。東京大賞典も考えたが、前走の内容などを見て引退が決まった」と引退理由を語っている。

 7年連続重賞勝利、さらにダート転向後は4年連続統一G1勝利など大記録を残したヴァーミリアン。実績もさることながら、「日本史上最強」との声もある凱旋門賞2着馬・エルコンドルパサーの血を引くことから、後継種牡馬としての期待も集めていた。

「日本競馬史上最強馬」父系途絶えるか......エルコンドルパサーの後継・ヴァーミリアン種牡馬引退のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、エルコンドルパサーマリアライトヴァーミリアンの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!