NEW

堺雅人『半沢直樹』続編絶望の理由が判明か......TBSとの「軋轢」と「苦手分野」、まさかの裏で「倍返し」か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
堺雅人『半沢直樹』続編絶望の理由が判明か......TBSとの「軋轢」と「苦手分野」、まさかの裏で「倍返し」かの画像1

 俳優の堺雅人が10日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)にゲスト出演。

 映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の主演として高畑充希とともに出演した堺。独特のキャラクターでスタジオを沸かせたが、意外な「苦手」を告白している。

 堺は、演技の台本の「数字」が非常に苦手と語り「銀行員役の時は地獄でした。全部ひらがなにして呪文で覚えていました」と衝撃の告白。つまりは数字にふりがなをふったということのようだ。

 堺が演じた「銀行員」といえば、大ヒットドラマ『半沢直樹』に相違ないだろう。いまだ続編が期待される大ヒット作品だが......。

「『続編ありき』のようなラストでしたが、ここまで続編に動き出したという情報はありません。堺さんとしてもこれ以上数字だらけの銀行員役をやりたくないということでしょうか。あまりにも強烈な印象だっただけに、イメージが固定されることが嫌だったということでしょうか」(記者)

 意外な苦手分野の告白によって「続編をやらない謎」の真相の一端が見えたということか。

 ただ、理由は他にもあるようだ。そして「この番組」で妙な告白をしたことが"意味深"という意見も。

堺雅人『半沢直樹』続編絶望の理由が判明か......TBSとの「軋轢」と「苦手分野」、まさかの裏で「倍返し」かのページです。ギャンブルジャーナルは、エンタメ、半沢直樹堺雅人行列のできる法律相談所の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!