NEW

武豊がR.ムーア騎手に「全力ビンタ」指令!? 有馬記念で世界No.1騎手にアントニオ猪木の"闘魂注入"画策も「シャレにならん」?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊がR.ムーア騎手に「全力ビンタ」指令!? 有馬記念で世界No.1騎手にアントニオ猪木の闘魂注入画策も「シャレにならん」?の画像1

 3日のチャンピンオンズCで8番人気の伏兵ゴールドドリームで差し切り、見事統一ダート王者へ導いたR.ムーア騎手。圧巻のレースで飾った昨年の天皇賞・秋に続き、今年も短期免許という限られた期間内で「世界No.1」と評される手腕を日本の競馬ファンに改めて見せつけた。

 そんなムーア騎手だが、その特徴の1つとして「淡々と語られる勝利騎手インタビュー」を思い浮かべるファンも多いのではないだろうか。

 先日、ハイランドリールの引退レースを飾った香港ヴァーズ(G1)を始め、今年だけでもG1を22勝。世界を股にかけてG1を勝ちまくっているムーア騎手からすれば、日本のG1を1つ勝ったくらいでは大きな感慨はないのかもしれない。勝利騎手インタビューは、まさにそんな世界トップの名手だからこそか落ち着いたもの。もともと、あまり笑顔を他人に見せないこともあって、ついた異名が「アイスマン」である。

 しかし、その世界的な「アイスマン」に対して、まさかの"闘魂注入"を試みたのが、日本が世界に誇る武豊騎手だった。

 2012年の有馬記念前に行われたレセプションパーティのことだ。有馬記念の出走各馬の関係者と共に、この日のゲストとして登場したのが元プロレスラーのアントニオ猪木氏である。猪木氏といえば「1、2、3、ダーッ!」の掛け声と共に有名なのが、「闘魂注入」とされる強烈なビンタだ。

 熱心な猪木ファンは、この張り手を浴びたいがために列を作るほどの一発。当然ながら、この日も競馬関係者の誰かが"ありがたい一発"をもらう自然な流れとなった。

 そして、その"指名権"を持っていたのが、競馬界を代表するカリスマ武豊騎手だ。イベントを盛り上げるためにも"主役"の人選は非常に重要だが、ここでお祭り好きの性格が災いして暴挙に出る。

武豊がR.ムーア騎手に「全力ビンタ」指令!? 有馬記念で世界No.1騎手にアントニオ猪木の"闘魂注入"画策も「シャレにならん」?のページです。GJは、競馬、アントニオ猪木ムーア武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!