NEW

「ユニバーサル」パチスロ不安掻き消す「パチンコ事業」の悲惨さ...... 『パチンコで作るな』酷評すらも消え去るパチンコ機の現状

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ユニバーサル」パチスロ不安掻き消す「パチンコ事業」の悲惨さ...... 『パチンコで作るな』酷評すらも消え去るパチンコ機の現状の画像1


 2017年も残りわずか。12月といえば今年の最後を飾る人気コンテンツが集結する印象。その中で最も注目を集めているのが、今月18日導入予定のパチンコ機『CR真・花の慶次2』だ。

 今作は、慶次シリーズ最高峰との声も上がる2015年に登場した『真』の正統後継機となっている。大当り確率1/319.68、確変突入率70%、継続率約65%のV確+転落タイプと変則スペックでありながら、大当たり出玉が「全て約2000個」と高い性能を実現。2017年を締めくくるパチンコといえるだろう。

 そんなパチンコ界の大物に待ったをかける新機種が、業界を牽引する『ユニバーサルエンターテインメント』(以下、ユニバーサル)から今月18日に登場。それが『CRアナザーゴッドハーデス アドベント ペルセポネ199ver』だ。

 前作の『CRアナザーゴッドハーデス アドベント』は、大当たり時の約50%が1800個を超えるという強烈な出玉性能でユーザーの心を掴むことに成功。じわじわと人気を集め、予定台数を上回る受注を受けるなど上々のデビューを飾った。今もなお、好稼働を誇る人気機種である。

 その正統後継機がライトミドルとなって登場する。大当たり確率1/199.8、確変継続率65%と遊びやすさを追求。出玉面は、前作に劣らない出玉感を実現している。ヘソ・電チュー入賞問わず、大当たり時の25%が1920個と大量出玉にも期待できる。そんな魅力スペックは大きな注目を集めることだろう。

 ただ、ユニバーサルといえばパチスロ事業が苦戦を強いられている印象が強いが、それ以上にパチンコ事業は悲惨な状況であることはご存知だろうか。

「ユニバーサル」パチスロ不安掻き消す「パチンコ事業」の悲惨さ...... 『パチンコで作るな』酷評すらも消え去るパチンコ機の現状のページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、パチスロパチンコユニバーサルの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!