NEW

有馬記念(G1)でステイゴールドの血が爆発? レインボーラインが「4歳筆頭」として大舞台に

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
有馬記念(G1)でステイゴールドの血が爆発? レインボーラインが「4歳筆頭」として大舞台にの画像1

 年の瀬の大一番、有馬記念(G1中山競馬場・芝2500メートル)が今週末に開催される。ここで並み居る有力馬たちに割って入る乾坤一擲の走りを期待されるのが、レインボーライン(牡4歳、栗東・浅見秀一厩舎)だ。

 前走のジャパンカップ(G1)では、出足がつかず最後方から苦しい展開となったものの、直線では上がり最速の脚を見せて、サトノクラウン、ソウルスターリングらに先着の6着。前を行くキタサンブラックとシュヴァルグランらには届かなかったものの、最終週開催の荒れた馬場で一定の存在感を示してみせた。

「レインボーラインは今年勝ちこそありませんが、稀に見る不良馬場で開催された天皇賞・秋(G1)で3着と好走するなど、道悪巧者として知られています。菊花賞で2着に入るなど、中長距離のレースで好走することが多く2500mの距離も苦にすることはないでしょう。有馬記念は荒れたタフな馬場で開催されるためスタミナとパワーが要求されますが、秋以降調子もあげている同馬にとってその悪環境は悪くないのでは」(記者)

 今年の有馬記念ではサトノダイヤモンド、マカヒキらが回避したため、出走を予定している4歳勢は同馬とシャケトラのみ。世代を代表する有力馬たちが出ていないのは寂しい限りだが、レインボーラインにとっては世代トップへ躍り出るチャンスともいえるだろう。

「さらにレインボーラインの父馬はステイゴールド。ドリームジャーニー、オルフェーヴル、ゴールドシップと一時春秋グランプリはステイゴールド産駒の独壇場という時代がありました。血統的には有馬記念向きと言ってもいいでしょう。

 昨年はその血統背景から来る期待もあったためか、レインボーラインは早々に有馬記念出走を表明。しかし1年を通して休みらしい休みがなかったため疲労がたまっており、結局は出走を見送っていました。今年は夏に放牧を挟むなど、比較的余裕を持ったローテーションで有馬記念に向かえます。血統的背景と競馬場適性から見れば、十分期待が持てるのではないでしょうか?」(競馬誌ライター)

 早くからその素質が評価されるもなかなか勝利という明確な結果に結びつかなかったレインボーライン。ここで大輪の花を咲かせることができるのだろうか? 好走を期待したい。

有馬記念(G1)でステイゴールドの血が爆発? レインボーラインが「4歳筆頭」として大舞台にのページです。GJは、競馬、レインボーライン有馬記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!