NEW

有馬記念(G1)「どん底復活コンビ」三浦皇成×ブレスジャーニーに超期待!? 暮れのグランプリで"似たもの同士"が覇を狙う

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
有馬記念(G1)「どん底復活コンビ」三浦皇成×ブレスジャーニーに超期待!? 暮れのグランプリで似たもの同士が覇を狙うの画像1

 いよいよ24日に迫ってきたグランプリ・有馬記念(G1)。21日には枠順抽選会も行われ、天井知らずに盛り上がっていくことだろう。

 注目はなんといってもラストランのキタサンブラックだが、ここでしっかり引導を渡し「世代交代」を完遂させたいのが3歳馬だろう。今のところ筆頭は日本ダービー2着、前走アルゼンチン共和国杯圧勝のスワーヴリチャードだが、ここで一気にスターの座を狙うのがブレスジャーニー(牡3 栗東・佐々木厩舎)である。

 2歳時にスワーヴリチャード、ダンビュライトに勝利し、クラシックの有力候補だったブレスジャーニー。しかし、翌3月に骨折が判明し春シーズンを棒に振る。世代最強の座はレイデオロが確保した。その後転厩も経験し、復帰は秋のぶっつけ菊花賞で12着。今月2日にはチャレンジCに出走し3着と、徐々に復活の兆しを見せてはいる。

 そして、同馬にとって最大の挑戦となる今回の有馬記念。晴れ舞台の鞍上は、これまで手綱をとってきた柴田善臣騎手から、三浦皇成騎手にスイッチすることとなった。

「オーナーは『トーセン』で有名な島川隆哉氏ですが、『若い騎手を乗せたい』という意向で乗り替わりが決定したようです。チャレンジCは外を回る苦しい展開の中、経済コースを通ったサトノクロニクルに迫りましたからね。この有馬記念こそが本当の目標。大逆転がないともいえませんよ」(現場記者)

 まさに「未完の大器」といえる存在だけに、馬券師たちも悩みの種になりそうな馬である。木曜の最終追い切りでは6F81.6~5F67.2~4F52.8~3F38.9~1F12.2秒と好調を維持している様子。ますます侮れない存在だ。

有馬記念(G1)「どん底復活コンビ」三浦皇成×ブレスジャーニーに超期待!? 暮れのグランプリで"似たもの同士"が覇を狙うのページです。GJは、競馬、ブレスジャーニー三浦皇成有馬記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!