NEW

有馬記念の負けを倍にして取り戻す! ホープフルSで今年最後の大勝負に勝つ!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1222hopeful01.jpg
新設されたホープフルステークスに注目が集まる

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』が終了して「直虎ロス」といった言葉がインターネット上に溢れたが、同様に毎年、有馬記念が終了すると「競馬ロス」に落ちる人がいるという。毎週末にJRA競馬は行われているが、有馬記念の翌日から新年の1月5日あたりまで競馬はお休みというのが今までだったからだ。

 しかし今年は違う。なんとJRA初の試みとして、有馬記念終了後の12月28日に1日のみ競馬を開催する。しかも、今年G1レースとなったホープフルステークスが行われるのだ。

 これは、有馬記念で負けた人には絶好のチャンスであり、1年の負けを取り戻す最後のチャンスでもある。また今年馬券が好調だった人でも、さらにその利益を増やすチャンスといえよう。

「有馬記念で1年は終わり、この方針は邪道」

 といった声も当初は聞かれたが、やはり全国の競馬ファンは競馬が好きなのだ。有馬記念が終わるとすぐに28日に向けて切り替わっており、早くもネット上で大きな盛り上がりを見せている。

 しかし、こういった初のケースは相対的にレースも荒れやすく、波乱の雰囲気が蔓延している。ある記者に話を聞くと、年末は

・冬で馬体が絞れず調整が難しい
・変則開催で体調管理が難しい
・年末年始ぐらいゆっくり休みたい

など、レースに向けて万全の体勢をとれていない厩舎関係者の声が多いという。

とはいえ、競馬人気が回復してきた今、JRAがこういった仕掛けに積極的なのは喜ばしい。一方で、有馬記念後のギャンブル特需を狙っていた他の公営競技(ボートレース・オートレース・競輪・地方競馬)は、複雑な心境だろう。

 この28日の競馬開催は今までにない試みだからこそ、しっかり参加して目一杯楽しみたいところだ。当日は中山競馬場と阪神競馬場で開催され、特に中山競馬場ではホープフルステークスが行われる。2歳馬限定となる同レースは、昨年の優勝馬・レイデオロが翌年の日本ダービーを優勝したことからも、クラシックに直結するレースとして大きな関心を集めている。

 出走馬のうち、デイリー杯2歳ステークスを勝ったジャンダルム、京都2歳ステークス2着のタイムフライヤー、東京スポーツ杯2歳ステークス2着のルーカスといった馬が人気を集めている。この冬に公開され大ヒット中の映画『スターウォーズ・最後のジェダイ』(ディズニー)にちなんでルーカスを推す声もあるようだが、果たしてどんな展開になるだろうか。

 前述したように、こういった変則開催は各馬の調整が難しいため、予想も難解な一戦となる。そんな時だからこそ、正しい情報を入手して馬券を購入したい。そこで、競馬界随一の情報力を持つとされる「ホースメン会議」を紹介する。

「ホースメン会議」は、創業36年という老舗中の老舗。多くの競馬関係者が産まれる前から存在しているのだから、その存在感は圧倒的だ。設立したのは競馬予想の神様と呼ばれ、多くの競馬ファンから愛された故大川慶次郎氏。多くの競馬専門紙が廃刊となっているように、結果が出なければ淘汰されるこの業界において36年も継続しているのは、「ホースメン会議」がいかに実績を積み上げ、そして競馬ファンから支持されているかを証明しているといえるだろう。

 大川氏の後を引き継ぎ総監督を務めているのは、大川氏の弟子として知られる能勢俊介氏。競馬専門チャンネルやラジオの競馬番組で解説を歴任してきたように、その実績と存在感は大川氏に勝るとも劣らない。さらに、日刊スポーツの本紙予想を25年にわたって務めた堀内泰夫氏や、大阪スポーツ本紙歴37年の米原聡氏など、関係者が「今後この人たちのキャリアを超える人間は出てこないだろう」と評する東西の重鎮ベテラン記者も在籍している。

 加えて、有馬記念や皐月賞、菊花賞を制した元JRA騎手の東信二氏といった元競馬関係者も多数在籍。彼らが自身の人脈を使って得る「関係者情報」は、マスコミをはじめとした他メディアを圧倒しており、現代最強の競馬情報といっても過言ではないだろう。

有馬記念の負けを倍にして取り戻す! ホープフルSで今年最後の大勝負に勝つ!のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、JRAホープフルS有馬記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!