NEW

紅白「けん玉ギネス挑戦」の罰ゲームっぷりに騒然......即失敗でも継続で最悪の空気に?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<紅白「けん玉ギネス挑戦」の罰ゲームっぷりに騒然......即失敗で最悪の空気に?の画像1

 31日の『NHK紅白歌合戦』で、三山ひろしが「男の流儀~けん玉世界記録への道~」歌唱中に挑戦した124人連続でけん玉を成功させるというギネス記録。しかし、かなり白けた展開に......。

 挑戦はまさかの「14人目」と早々に終了。その時点でギネス記録挑戦は失敗となってしまい、落とした際には会場から大きな悲鳴が。しかし、その後も何事もなかったようにけん玉は続き、結局124人をやって14人目の人物だけが失敗という形に......。

 どうやらリハーサルでも失敗していたようで、誰が失敗するのかはわからない状態で、当然14番目の人物を責められようはずもない。ただ、悪目立ちしてしまったのも事実である。

「結局、こんな企画をやったNHKに問題があるのではという意見は多いですね。三山さんも出演したけん玉のみなさんも完全に『罰ゲーム状態』であり、会場も微妙な空気に......司会の内村光良らが必死にフォローしていましたが。そもそもけん玉と歌合戦に何もつながりがないような......」(記者)

 ずいぶんとリスキーな企画をやってしまったようである。

紅白「けん玉ギネス挑戦」の罰ゲームっぷりに騒然......即失敗でも継続で最悪の空気に?のページです。GJは、エンタメ、けん玉ギネス紅白の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!