NEW

最強パチンコ漫画家・谷村ひとし降臨! 悩めるアナタに至上の「カニ歩きオスイチ」伝授で大勝!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最強パチンコ漫画家・谷村ひとし降臨! 悩めるアナタに至上の「カニ歩きオスイチ」伝授で大勝!?の画像1

 新年あけましておめでとうございます。

 2018年元旦から、ボク、パチンコドンキホーテことパチンコ漫画家の「谷村ひとし」です。

 初めまして、よろしくお願いします。40歳になるまでパチンコを知らず、いきなりパチンコに目覚めたパチンコファンの1人です。

 1994年3月31日、開店前のホールの行列に生まれて初めてカミさんと並んだあの日から、「収支を全て公開」し、2017年にプラス7,600万円を超え、しかも「雑収入として確定申告をしている」珍しい人間です。

 マンガやスポーツ新聞や週刊誌の記事でボクをご存知のファンの方も多いでしょうが、改めて自己紹介します。

 1953年生まれの現在64歳。今年で65歳になります。音楽や映画や格闘技などのジャンルにおいては、趣味の域を超えた「評論家」になれるレベルと自負しており、劇場映画館での鑑賞を含めると合計400回を数えます。5万本を超えるDVDやブルーレイのコレクションは、注目作やB級作を買い漁って溜まったものです。ニッポン放送のパーソナリティを2000年から1年間やっていた時の選曲は、全て自前のレコードをかけていました。そう、レコードCDのコレクションも自慢の一つ。TV番組は1979年から38年間で5万本を超えていて、写真週刊誌が資料として借りにくる程。YouTubeにもないお宝映像の宝庫です。

 そんなトコトンやらないと気が済まないボクが40歳から覚えた「パチンコ」。

 それは、他の趣味をはるかに凌ぐ楽しさでした......。

 世の中の古いパチンコの常識や悪いウワサを一切知らず、40歳のおじさんがパチンコで勝ちまくった23年間でした。

 ボクは、ちょうどカードを使うパチンコ"CR(カードリーダー)"の登場と時を同じくして、それまでの釘一辺倒の古いパチンコが設定や台の波で攻略可能になった時代に生まれた、いわば「新種のパチンカー」だったわけです。現在までに『負けないパチンコ学シリーズ』(ワニブックス刊)をはじめ、マンガ以外の著書もベストセラーの仲間入りです。出版界に新たにパチンコ新書の門も開きました。

最強パチンコ漫画家・谷村ひとし降臨! 悩めるアナタに至上の「カニ歩きオスイチ」伝授で大勝!?のページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、オスイチパチンコ谷村ひとしの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!