NEW

【日経新春杯(G2)展望】伝統のハンデ重賞「攻略」のキーマンは? 中長距離G1路線を占う一戦がアツい!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【日経新春杯(G2)展望】伝統のハンデ重賞「攻略」のキーマンは? 中長距離G1路線を占う一戦がアツい!!の画像1
ミッキーロケット(JBISサーチ公式サイトより)

 14日に開催される伝統の日経新春杯(G2)。春の古馬中長距離戦線を占う重要なレースでありながら、ハンデキャップ重賞という点も見逃せないポイントである。

 昨年は1番人気、2番人気での決着となったが、2015年と2009年には三連単で20万馬券が飛び出すなど波乱決着になることも珍しくはない。重賞戦線で戦ってきた実力馬だけではなく、上がり馬などの伏兵にも注意が必要だ。

 今年もさまざまな路線からメンバーが集まるが、最も注目を集めているのは昨年の覇者ミッキーロケット(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)である。

 昨年の日経新春杯では、積極的に前めのポジションをキープ。4コーナーで好位から加速し、シャケトラとの激しい叩き合いを制し重賞初タイトルを手に入れた。

 その後は5戦連続で馬券圏内を逃すなど期待に応えられない状態が続いていたが、前走の中日新聞杯(G3)では2着を確保。勝負どころで外へ張るような仕草を見せていたことを考えれば、上々の結果とも言えるだろう。自力の高さを再認識させる内容だった。

 ハンデは気になるところだが、相手関係を考えればココは負けられない1戦。初重賞制覇を決めた舞台での巻き返しに期待は高まる。

 アルゼンチン共和国杯(G2)2着馬ソールインパクト(牡6、美浦・戸田厩舎)にもチャンスはある。同レースでは中団にポジションをとると直線手前から追走。勝ち馬スワーヴリチャードには抜け出されたが、正攻法で馬券圏内を確保した点は十分に評価できる。53キロのハンデが大きかったことは間違いないが、G2で好走した事実を侮ることはできない。

 京都コースも2戦2着と好相性。稽古でも軽快な動きを披露するなど、仕上がりも順調という印象だ。アルゼンチン共和国杯だけではなく、七夕賞(G3)でも3着と重賞で善戦を見せてきた実力馬が悲願のタイトルを虎視眈々と狙う。

【日経新春杯(G2)展望】伝統のハンデ重賞「攻略」のキーマンは? 中長距離G1路線を占う一戦がアツい!!のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、ソールインパクトミッキーロケット日経新春杯の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!