NEW

パチスロ「5号機」超ヒット機種が「原作アニメ」にも波及...... 現行機種の基礎となった「革命的パチスロ」を振り返る

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「5号機」超ヒット機種が「原作アニメ」にも波及...... 現行機種の基礎となった「革命的パチスロ」を振り返るの画像1

 
 2004年から開始されたパチスロ「5号機」が今年2月、遂に終焉を迎える。

 開始当初は、ボーナスでコインを増やす『SHAKEⅡ』『デビルメイクライ3』などノーマルタイプが主流だったが、コイン持ちを維持する『スパイダーマン2』といったRT機の登場で、出玉性能は大幅にアップ。

 そして、RT中にベルを"ナビ"する機能を組み込んだ「ART」システムの登場が、5号機のゲーム性を劇的に進化させたのであった......。

 そんな時間の経過とともに大発展を遂げた5号機の歴史を再び振り返りたい。

"第3のボーナス"と銘打たれた新システム

パチスロ「5号機」超ヒット機種が「原作アニメ」にも波及...... 現行機種の基礎となった「革命的パチスロ」を振り返るの画像2
サミーHP」より
 2007年に登場したART機『バイオハザード』以降、徐々に同様のシステムが増え始めたパチスロ機。そんな浸透しつつあったARTシステムを"絶対的存在"にした名機が2009年に誕生した。


 それが、『パチスロ交響詩篇エウレカセブン』(サミー)である。

 本機は、ビッグボーナス・レギュラーボーナスに加え、1セット50GのART「コーラリアンモード」を搭載。ビッグボーナスは7揃いなど1/90以上の確率でARTセット数を獲得できる遊びやすい設計だ。また、レギュラーボーナスでは押し順ベルの正解率に応じて最大5個の上乗せが期待でき、出玉感も楽しめ仕様となっている。

 特徴的なのが、第3のボーナスと称されるARTシステムにある。これまでのART機は、ボーナスを経由してARTへ突入させる機種が多く存在し、「ボーナスを待つ」という流れが一般的だった。

 しかし、本機種は通常時からもARTへ突入するルートを搭載。自らチャンスを掴み取るといった能動的なシステムが、多くのユーザーを唸らせて大人気機種となった。

 このようなプレイヤーを突き動かすゲーム性と革新的なシステムは、版権元であるアニメ作品にも影響を及ぼし、「パチスロがきっかけでアニメを見た」「アニメにハマった」とパチスロ機の枠を超える一大ブームを巻き起こしたのである。

パチスロ「5号機」超ヒット機種が「原作アニメ」にも波及...... 現行機種の基礎となった「革命的パチスロ」を振り返るのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、5号機パチスロ交響詩篇エウレカセブンの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!