NEW

星野仙一氏死去......東北への功績、熱血漢ゆえの「確執」や華やか人脈、黒いウワサも......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
星野仙一氏死去......東北への功績、熱血漢ゆえの「確執」や華やか人脈、黒いウワサも......の画像1

 楽天が6日、星野仙一球団副会長が4日に亡くなったことを発表。70歳で、死因はすい臓がんだった。

 2016年に急性すい炎を患った際に、すい臓がんであることが判明。昨年12月末に体調が悪化し、息を引き取ったという。

 星野氏は現役時代に中日のエースとして活躍し、中日、阪神、楽天で監督を歴任。計4度のリーグ優勝に1度の日本一と、確かな実績を積み重ねた。

 ファンの間でも早すぎる死に衝撃と悲しみが広がっており「早すぎるよ」「寂しくなる」「最後まで弱い姿を見せなかった」など、さまざまな声が飛び交っている状況だ。

「燃える闘将」として親しまれた星野氏の指導者としての最大の功績は、やはり東北大震災後に初めての東北球団として楽天を日本一に導いた2013年だろう。多くの被災者や東北の人々に希望を与えた実績は計り知れないものがある。

 また、改めて思い出されるのは、「闘将」がゆえの「鉄拳制裁」など熱いエピソードの数々か。監督がチームを引っ張るスタイルが印象的だが、多くの選手や関係者との確執も生まれた。

星野仙一氏死去......東北への功績、熱血漢ゆえの「確執」や華やか人脈、黒いウワサも......のページです。ギャンブルジャーナルは、スポーツ、星野仙一楽天死去の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!