NEW

ウオッカの娘が重賞制覇へ!? 「低空善戦女子」が勝ち気デムーロコンビでついに戴冠?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウオッカの娘が重賞制覇へ!? 「低空善戦女子」が勝ち気デムーロコンビでついに戴冠?の画像1

 13日(土)に今年の中京競馬場で最初の重賞・愛知杯(G3)が開催される。牝馬限定のハンデ戦で16年から開催時期が12月から1月に変更されたものの、2年連続で人気薄の馬が上位に食い込むなど荒れる傾向にあるのは変わりないようだ。そのレースにウオッカの産駒であるタニノアーバンシー(牝5歳、栗東・角居勝彦厩舎)が重賞初挑戦を予定している。

 タニノアーバンシーはデビュー戦から好走するものの勝ちきれず、6戦目でようやく初勝利をあげた。その後も勝ち負けを繰り返し、ついには降級までも経験してしまう。だが、昨年8月20日に行われた小倉10Rの西部スポニチ賞で、鞍上にデムーロ騎手を迎えた同馬は4コーナーから早めに仕掛け、追いすがる後続馬を突き放して勝利。ついに準オープンにまであがってきた。

 1600万昇級戦となった前走では6着。今回の愛知杯では格上とのレースになるが、前走から2kg減の52kgでの出走ともなれば、チャンスも生まれる。

 11日にタニノアーバンシーは栗東・CWコースで古馬500万下のバリオラージュ、エルビッシュと3頭併せ馬。最後方から追走して、エルビッシュには1馬身遅れたもののバリオラージュとは併入。僚馬に先んじられたものの、タイムは6ハロン85秒9-12秒4で、動きも軽やかだったという。

 調教を担当した辻野助手は「スポーツ報知」の取材に対してあくまでも軽めの調教と前置きしたうえで「(前走は)休み明けの分が出ました。いつも2走目以降は力を出してくれるので」と期待を込める。

ウオッカの娘が重賞制覇へ!? 「低空善戦女子」が勝ち気デムーロコンビでついに戴冠?のページです。GJは、競馬、ウオッカタニノアーバンシーデムーロの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!