NEW

パチンコ業界2018年から始まる「悪夢」!? 業界に突破口はあるのか......【パチンコ業界の未来・メタ斬り座談会】

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ業界2018年から始まる「悪夢」!? 業界に突破口はあるのか......【パチンコ業界の未来・メタ斬り座談会】の画像1

 パチンコMAX機撤去によって、これまでとは異なるスタートとなった2017年。その後も出玉規制など、未来の変化を予感させる「大きな動き」が引き起こる1年となりました。

 2月より出玉規制が強化される2018年は、どのような1年になるのか?「素性を公開しない」という条件で、パチスロ開発出身者・パチスロをこよなく愛すライター・編集者の3名がホンネを暴露!パチンコ新基準機やスロット6号機時代へ突入する業界の未来は?......【パチンコ業界の未来・メタ斬り座談会】スタート!!

努力が1年で水の泡に? パチスロは絶望的??

「編集B」:パチンコMAX機が撤去された2017年は、不安を感じるスタートだったけど今年の始まりはどんな印象?

「ライターA」:自分の行ったホールは稼働率が高かったですね。特に昨年を代表する『シンフォギア』や、王道の『大海4』は非常に稼働が良かったと思います。やはり『シンフォギア』は強いですね。新パネルで増産も決まったし、中古機価格は60万円を超えるなどパチンコ冬の時代に圧倒的な存在感を見せています。

「編集B」:『大海4』も、今のところ期待に応えているんだね。ホールにとって安定した稼働が見込める『海物語』だけど、その中でも『大海』は人気が高いからな。今後3年間は使っていきたいと考えたホールは多いだろうから安堵しているだろう。

「開発K」:本当に、すでに設置されていたミドル機を増台するという手法を取っていたホールが多かった昨年とは違いますよ。MAX機にも負けない魅力を出そうとした、メーカーの努力の結果ですね。

新基準機のネックである継続率65%に左右されず出玉を増やせる小当たりラッシュや、継続率を高められる一種二種混合機でリリースするという工夫が支持されたような印象です。他にも一撃性が高いだけではなく、スピード感もある機種を出すなど十分に対応した結果だと思います。

パチンコ業界2018年から始まる「悪夢」!? 業界に突破口はあるのか......【パチンコ業界の未来・メタ斬り座談会】のページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、コードギアスパチスロパチンコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!