NEW

パチンコ企業「ゆるキャラグランプリ」を席巻!? 業界を超える「PR活動」がもたらす効果とは......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ企業「ゆるキャラグランプリ」を席巻!? 業界を超える「PR活動」がもたらす効果とは......の画像1


 以前日本で大ブームを巻き起こした「ゆるキャラ」は、いまや国民に定着しつつあるコンテンツである。地域や企業の活性化を目的とし、現在では数多くの団体が宣伝材料として用いるなど、馴染み深い存在となった。

 その代表的とも呼べるのが、熊本県のPRキャラクター「くまモン」だろう。マスコットキャラの一年に一度のお祭り「ゆるキャラグランプリ2011」を受賞して以来、知名度は全国に波及。その人気は海外にまで及んでいるほどだ。その結果、日本銀行が発表した資料によれば、くまモンによる経済効果は1244億円(2011年~2013年間)だという。商品の売上げおよび観光客増加が大きな要因とのことだ。

 このように多種多様な効果をもたらす「ゆるキャラ」だが、その影響はパチンコ業界にも波及しているようだ。

 毎年8月4日に開催されるファン感謝祭イベント「パチスロサミット」では2013年から、パチンコ企業のマスコットキャラクター日本一を決める「Pキャラグランプリ」が開催。着ぐるみ部門、イラスト部門で募集が行われ、全国有数のパチンコ店「ピーアーク」「ガイア」など60にも及ぶパチンコ店が集まり、大盛況となったが......。

 2016年、同イベントの中止が発表される。開催を待ち望んでいたホールやユーザーからは悲しみの声が相次いだ。

 その後は、主戦を本場「ゆるキャラグランプリ」へ移した。多くのホールが「グランプリ」を目指し参戦......そして遂に、パチンコ企業が「ゆるキャラグランプリ2017」にて快挙を果たした。

パチンコ企業「ゆるキャラグランプリ」を席巻!? 業界を超える「PR活動」がもたらす効果とは......のページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、ゆるキャラパチンコマルハンの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!