NEW

小室哲哉「引退」で不倫よりヤバい「下り坂半生」......引退を意識させた宇多田ヒカルと絶対敵わない「あの人」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
live32.jpg

 ミュージシャン、音楽プロデューサーの小室哲哉が「引退」を発表した。

 18日発売の「週刊文春」(文藝春秋)看護師女性との不倫疑惑を報じられた件に関し、都内で会見を開いた小室。「今回の報道により妻KEIKO、家族、ファン、スタッフの皆さんにご心配、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。言動が支離滅裂になってしまうのは申し訳ないので昨夜、文章を作り目を通しながら話させていただきます。ご了承下さい」と語り、ケジメとして引退を宣言した。

 1983年にTMネットワークを結成。その後はglobeのメンバーとしてはもちろん、プロデューサーとしても活躍し、宮沢りえ、TRF、篠原涼子、安室奈美恵らを、作曲家として松田聖子、小泉今日子らを手掛け一時代を築き、多くの賞にも輝いた。

 プロデューサーとしての仕事が下火になると、2000年に著作権譲渡をめぐる5億円の詐欺罪に問われ執行猶予判決、2008年には5億円の詐欺容疑で逮捕されるなど目に見えて下り坂。昨年5月に大阪地裁で懲役3年、執行猶予5年の判決が出て確定するなど、近年は明るいニュースは少なかった。

 さらに妻のKEIKOが病気療養中の不倫報道ということで、まさに「堕ちるところまで堕ちた」という印象も小室。ついに音楽家としての自分を失う選択をしていた。

 絶頂期から絶望へ......分かりやすすぎる転落だが、どこから始まったのだろうか。

小室哲哉「引退」で不倫よりヤバい「下り坂半生」......引退を意識させた宇多田ヒカルと絶対敵わない「あの人」のページです。ギャンブルジャーナルは、エンタメ、宇多田ヒカル小室哲哉引退の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!