NEW

キタサンブラック「種牡馬生活」は売れ残りで大苦戦!? 実は、いくつもあるJRA歴代賞金王が「嫌われる」理由とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キタサンブラック「種牡馬生活」は売れ残りで大苦戦!? 実は、いくつもあるJRA歴代賞金王が「嫌われる」理由とはの画像1

 昨年の有馬記念(G1)で有終の美を飾り、2年連続の年度代表馬に選出されるなど、堂々の種牡馬入りを果たしたキタサンブラック

 ただ、競馬ファンを魅了し続けた「ターフの主役」が種牡馬としても"主役"となるには、現役時よりもさらに険しい道のりが待っていそうだ。

 昨年、引退した際は約13億5000万円という破格のシンジケートが組まれるなど、競馬界だけでなく世間からも大きな注目を浴びたキタサンブラック。通算G1・7勝、18億7684万3000円を獲得したJRA歴代賞金王の種牡馬入りだけに、生産界の期待も一際高いと思いきや、実は種付け依頼がまだ満口に至っていないという。

 僅かでも優秀な競走馬を生産すべく、新種牡馬には一段と高い期待と注目が集まる競走馬生産界。実際に一昨年引退した2015年の年度代表馬モーリスや、同年のクラシック2冠馬ドゥラメンテといったところは、引退して間もなく満口。人気種牡馬として、まずは順調なスタートを切っている。

 しかし、種牡馬の種付け権やシンジケートを取り扱う株式会社『ジェイエス』の公式ホームページによると、昨秋早々に昨年一杯での引退を表明していたキタサンブラックの種付け権は未だに売れ残っているようだ。

「その戦績を見ても近年最強クラスの馬であることは誰もが認めるところですが、武豊騎手とのコンビで競走馬として国民的人気を誇ったキタサンブラックも、種牡馬としては必ずしもそうではないのかもしれません。

というのも、キタサンブラックは血統的に見れば決して良血とはいえず、いわゆる"突然変異"的な馬。現役時も母の父にスプリンターのサクラバクシンオーがいるにも関わらず、菊花賞や天皇賞・春といった長距離戦を勝ったことが大きな話題となっていました」(競馬記者)

キタサンブラック「種牡馬生活」は売れ残りで大苦戦!? 実は、いくつもあるJRA歴代賞金王が「嫌われる」理由とはのページです。GJは、競馬、JRAキタサンブラック種牡馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!