NEW

「初代マイル女王」ノースフライト死す。サクラバクシンオーとの激闘は色あせず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 安田記念(G1)、マイルチャンピオンシップ(G1)を優勝し、1994年のJRA賞最優秀4歳以上牝馬に輝いたノースフライトが心不全のため死んだと、ジャパンスタッドブックインターナショナルのTwitterが伝えた。28歳だった。

 ノースフライトは3歳5カ月で初出走と、ライバルたちからは出遅れてしまう。だが、すぐさま勝利を重ねてデビューから5カ月後には府中牝馬S(G3)を優勝。さらにその翌月にはエリザベス女王杯(G1)に出走して、ホクトベガに次いで2着と好成績を収めた。

 その後、阪神牝馬特別(G3/現・阪神牝馬ステークス)、京都牝馬特別(G3/現・京都牝馬ステークス)、読売マイラーズC(G2)と年をまたいで3連勝。勢いそのまま安田記念(G1)へ向かうこととなった。

 前年から国際競走となった安田記念にはジャック・ル・マロワ賞などの優勝馬サイエダティ、後に武豊騎手が日本人騎手による海外G1競走初優勝を達成するスキーパラダイス、そしてこのレース以降も激闘を繰り広げることになる短距離王サクラバクシンオーらが顔を揃えた。

 レースは最後の直線入り口でサクラバクシンオーが後続に2馬身差をつけて先頭に立つも、外からノースフライトが猛追。残り200mを切った時点で、サクラバクシンオーを交わしてトップへ躍り出ると、そのまま追いすがるライバルを突き放して、ゴール板を駆け抜けた。

 マイル女王となったノースフライトは夏の放牧を挟み、マイルチャンピオンシップの前哨戦となるスワンステークス(G2)へ。このレースでは先を行くサクラバクシンオーを捉えきれず、1馬身1/4差の2着と後塵を拝してしまう。

「初代マイル女王」ノースフライト死す。サクラバクシンオーとの激闘は色あせずのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、JRAサクラバクシンオーノースフライトの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!