NEW

パチスロ「最高傑作」復活も不安要素満載? シリーズ「13機種以上」マンネリファンをさらに裏切るアノ要素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「最高傑作」復活も不安要素満載? シリーズ「13機種以上」マンネリファンをさらに裏切るアノ要素の画像1


 パチスロ業界にとっていまやお馴染みの人気コンテンツである「エヴァンゲリオン」シリーズ。2005年、パチスロ第1段となった『新世紀エヴァンゲリオン』の登場以来、これまで11機種ものシリーズ機が導入。ホールを大いに盛り上げきた。

 そのなかでもシリーズ最高傑作との呼び声高いのが、2007年に登場したパチスロ『新世紀エヴァンゲリオン-まごころを君に-』だ。斬新なシャッター付の液晶演出、そして卓越したリーチ目は多くのユーザーの心を掴み、累計販売台数は10万台を突破。歴史に残る大ヒットを記録したのである。

 そんなパチスロ史に名を刻んだ"歴史的名機"が10年以上の時を経て、遂に復活。往年のパチスロファンのみならず、原作ファンからも大きな注目を集めている。

『新世紀エヴァンゲリオン~まごころを、君に~2』(ビスティ)


■ボーナス合算確率:1/199.8(設定1)~1/163.0(設定6)
■出玉率:97.5%(設定1)~110.1%(設定6)
■獲得枚数:SBB:最大407枚、BB:最大203枚、RB:最大96枚


 本機最大の特徴が、前作から大幅に進化したRT機能だ。前作では、RB後に突入するRT「レイチャンス」のみだったが、今作では"全てのボーナス後"に突入する仕様に一新。SBB、BB後は20G、RB後は10G継続する「レイチャレンジ」へ必ず突入する。その消化中に特殊リプレイを成立させることが出来れば、50GのRT「レイチャンス」へ突入する仕様だ。

 また、ボーナス獲得枚数はほぼ前作を踏襲前作しているが、今作では技術介入要素が新たに搭載。ボーナス中に一度行うことによって、最大獲得枚数を得られるゲーム性となっている。

 さらに、演出面では、従来の劇場版の映像からテレビアニメ版を中心にした液晶演出へ復刻。テレビ版の名シーンがふんだんに盛り込まれ、原点ファンにとっては堪らない本機といえるだろう。

パチスロ「最高傑作」復活も不安要素満載? シリーズ「13機種以上」マンネリファンをさらに裏切るアノ要素のページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、エヴァンゲリオンパチスロ新世紀エヴァンゲリオン-まごころを君に-の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!