NEW

パチンコ貯玉「上限数」引き下げ確実!? ユーザーの有利なシステム「改善」に対する反応は

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ貯玉「上限数」引き下げ確実!? ユーザーの有利なシステム「改善」に対する反応はの画像1

 近年は玉・メダルを景品に交換せず、店に預けられるサービス「貯玉」を利用するユーザーが多く存在している。

 最大のメリットは交換する際の差額「交換ギャップ」を気にせず、後日再プレイできるという点だ。再プレイ時の手数料が無料のホールも存在するなど、ユーザーにとっては嬉しいシステムである。

「店側にも『リピーター率の上昇』『カウンター業務の短縮化』というメリットがありますが、打ち手にとっても得なことの方が多いと思います。交換数に満たない余り玉は、ちょっとしたお菓子などに交換されることが多いですが、不要に思う人は貯玉した方が実用性はありますよね。次回に使えるだけではなく、一定数になれば交換もできますから。

 ただ、現金がなくても遊べるという点は魅力ですが、同時に怖い部分でもあります。気軽に足を運ぶようになるでしょうし、金銭感覚が麻痺してしまうかもしれません。お金を使っているという意識がなくなり、獲得した貯玉がなくなるまで使ってしまう......。そのような状況に陥ってしまう可能性もありますが、非等価のホールであればメリットの方が大きいと思います」(パチンコライター)

 しかし、そんな貯玉システムの「上限数」に関し、「改善」が求められている状況だ。

 2017年中に開催された全日遊連全国理事会では、上限数の引き下げが議論の対象となっていた。現在は補償上限100万円となっているが、パチンコ25,000個・スロット5,000枚へ変更の方向で見解が一致していると言われている。

 この貯玉システムの課題に関し明確な答えは出されてはいないが、そのまま議決される可能性が高いとの意見が大半だ。この事実は、「貯玉」を利用するユーザーに大きな影響を与えそうであるが......。

パチンコ貯玉「上限数」引き下げ確実!? ユーザーの有利なシステム「改善」に対する反応はのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチスロパチンコ貯玉システムの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!