NEW

麻雀RTDリーグ2018【展望】「大本命」佐々木寿人VS「前王者」平賀聡彦に「女流アマゾネス」和久津晶が挑む!激戦必至の『WHITE DIVISION』編

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
麻雀RTDリーグ2018【展望】「大本命」佐々木寿人VS「前王者」平賀聡彦に「女流アマゾネス」和久津晶が挑む!激戦必至の『WHITE DIVISION』編の画像1
RTDリーグ公式サイト」より

 1月29日、いよいよ新シーズンが開幕する『藤田晋invitational RTDリーグ2018』。2016年の第1シーズン放送から、年々進化を繰り返す麻雀界最高峰のリーグ戦の火蓋が今年も落とされようとしている。

 そこで今回は先行放送される『WHITE DIVISION』の出場各選手を紹介したい。


佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)

2017シーズン最終順位:決勝3位
2017シーズン予選:1位(BLACK DIVISION)

今シーズンも激戦必至の状況だが、『WHITE DIVISION』の「大本命」はこの男を置いて他にいない。日本最大規模を誇る連盟のエース・佐々木寿人が悲願のRTDリーグ優勝へ向け、3度目の正直に挑む。

出場メンバー唯一となる2回の決勝進出を果たしている佐々木。特に昨シーズンは、前王者・多井隆晴や準優勝者の藤田晋といったところが激しいマークに遭い予選敗退となる中、堂々の首位通過。予選のトップ率は驚異の48.1%、最終スコア502.3ポイントという圧倒的な成績でシーズンをリードし続けた。

そんな佐々木の課題は『Abema 麻雀TIMES』で「なんとかしなくてはいけなかった」と語っている通り、2年連続で不本意な結果となった決勝戦に他ならない。現役最強雀士としての"忘れ物"を獲りに行く佐々木寿人にとって、予選はただの通過点でしかないはずだ。

平賀聡彦(最高位戦日本プロ麻雀協会)

2017シーズン最終順位:優勝
2017シーズン予選:3位(BLACK DIVISION)

昨年、ついに「無冠の侍」の字を返還した平賀聡彦が史上初のRTD連覇に向け、再び決戦の地に立つ。昨シーズンで初出場初優勝を果たすまで、無冠の存在だった平賀。だが、所属する最高位戦で「天才」と称されており、2016年に行われた『麻雀プロ団体日本一決定戦』では個人総合1位を獲得。「平賀聡彦」の名が全国の麻雀ファンに伝わった瞬間だった。

その実績を買われて初出場した昨シーズンでは、準決勝最終日で絶望的な状況から大爆発。奇跡的な上がりを連発し決勝進出を果たすと、勢いそのままに優勝。初タイトルは本人にとっても「重すぎる」と語るRTDリーグとなった。優勝インタビューでは「(準決勝で逆転した)勝又さんのためにも勝ちたかった」と声を震わせるシーンも。

そんな平賀にとって、今シーズンは王者としての激しいマークを如何に掻い潜っていくかに尽きる。トレードマークの「幸せを呼ぶ黄色いネクタイ」と「3種類に増えたメガネ」を巧みに使い分けていくことが勝利の鍵を握るのかもしれない?

麻雀RTDリーグ2018【展望】「大本命」佐々木寿人VS「前王者」平賀聡彦に「女流アマゾネス」和久津晶が挑む!激戦必至の『WHITE DIVISION』編のページです。GJは、麻雀、佐々木寿人展望麻雀の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!