NEW

武幸四郎調教師「社台グループバックアップ」「馬主人脈」で最強厩舎すでに完成? 未来のリーディング見えた

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武幸四郎調教師「社台グループバックアップ」「馬主人脈」で最強厩舎すでに完成? 未来のリーディング見えたの画像1

 2月といえば競馬界にとっては「別れの季節」。今月末には多くの功労者が定年を迎えることになる。

 今年も年始からベテランたちの引退がにわかに話題となりつつあった。当事者たちは自身の集大成を彩るべく準備を進めていることだろう。

 だが、終わる人たちだけではなく、それと同時に新しくスタートを切る者たちも当然もいる。昨年2月に騎手を引退、調教師へと転身を図った武幸四郎調教師もそのひとりだ。

 7月までは藤沢和雄調教師の元で技術調教師として「修行」していた幸四郎調教師だが、すでに来月からは自身の厩舎を開業させる予定だとされる。そしてその幸四郎厩舎は今年、新規開業を予定している厩舎の中でも期待値ではダントツの1位だといわれている。

「厩舎はなんといっても馬が集まらないとどうにもなりません。そのためには現役ジョッキーとして一定の成績を残した実績や馬主との縁が重要です。その点、幸四郎調教師は『メイショウ』の冠名で知られる松本好雄氏とは昵懇の仲。すでに素質馬を預ける約束があるとも聞きます。また2019年以降にDMMバヌーシーが所有しているキタサンブラックの全弟であるシュガーハート2017の入厩もすでに決定。開業してからすぐに素質馬が集まっているようですので、幸先のいいスタートを切る可能性は高いでしょう。今後に期待が持たれます」(現場記者)

 馬房は着実に埋まりはじめている様子の幸四郎厩舎。またこれらに加えて、心強い味方が彼の調教師生活をバックアップしているという。

武幸四郎調教師「社台グループバックアップ」「馬主人脈」で最強厩舎すでに完成? 未来のリーディング見えたのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、JRA武幸四郎調教師の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!