NEW

パチンコホール倒産「前年比141.6%増」......「逆風」が吹き荒れる業界の「希望」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコホール倒産「前年比141.6%増」......「逆風」が吹き荒れる業界の「希望」とはの画像1

 パチンコ店の裏事情を動画にアップするなど、奇抜な手法でアピールを行い話題になった埼玉県の小規模ホール「チャレンジャー幸手店」が1月31日での休業を発表。ファンの間では、その事実を惜しむ声が飛び交っている。

 当日は開店前に駐車場がほぼ満車になるなど、多くのファンが駆けつけた様子。そんな最終日も名物ホールは、16時~20時までは無料パチンコを実施するなど最後まで"らしさ"を貫き通したようだ。

 あくまでも休業ということであり、再開店を誓ってはいるようだが......名物ホールの決断を、悲しむファンは多いようである。

 未だ20兆円を超える市場規模を誇ってはいるものの、業界全体が衰退傾向にあるパチンコ業界。話題になっているチャレンジャー幸手店だけではなく、休業・閉店を決断したホールが数多く存在しているのは事実だ。

 それは数字にも明確に反映されている。東京商工リサーチは、2017年のパチンコホールの倒産数(負債1,000万円以上)が29件にのぼっていることを報告。前年比141.6%増となり、3年ぶりに前年を上回る結果となっている。

 2月より出玉規制が強化されることを考えれば、「倒産が急増する」との声が上がることは自然なことだ。パチスロ4号機時代の終了によって起こった、倒産ラッシュの再来も十分にあり得るだろう。

「逆風」が吹き荒れる業界の、さらなる衰退は確実視されているが......。

「絶望しかなかった新基準機ですが、自主規制の緩和によって希望が見えてきましたよね。特にパチスロ6号機に関しては、AT機の復活などゲーム性が大幅に拡大されることへ歓喜の声が上がっています。

パチンコに関しても、システムの大きな劣化はないとの情報が。ポイントである設定搭載に関しても前向きな意見は出ていますし、出玉規制の限界を超えた機種を登場させられる可能性はあります。大幅なユーザー離れは、防げるかもしれませんね」(パチンコライター)

パチンコホール倒産「前年比141.6%増」......「逆風」が吹き荒れる業界の「希望」とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチスロパチンコホール倒産の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!