NEW

【フェブラリーS(G1)展望】最強ダート王ゴールドドリーム「世界のR.ムーア」が緊急参戦!「いぶし銀」テイエムジンソク悲願達成なるか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【フェブラリーS(G1)展望】最強ダート王ゴールドドリーム「世界のR.ムーア」が緊急参戦!「いぶし銀」テイエムジンソク悲願達成なるか!の画像1

 18日には、いよいよ今年最初のJRA・G1フェブラリーSが東京競馬場で開催される。昨年は4歳馬のゴールドドリームが世代交代を達成。秋のチャンピオンズC(G1)で統一ダート王に輝くなど、高齢馬の活躍が目立つダート戦線に革命を起こした。

 そんな新ダート王・ゴールドドリーム(牡5歳、栗東・平田修厩舎)が、今年もフェブラリーSから始動する。

 昨年はフェブラリーS制覇後にドバイワールドカップ(G1)に挑戦するなど、充実したシーズンを過ごしたゴールドドリーム。ドバイ後は海外遠征帰りの影響もあって帝王賞(G1)、南部杯(G1)と成績を落としたが、R.ムーア騎手を迎えたチャンピオンズCで見事に復活。史上3頭目の統一ダート王として、昨年の最優秀ダートホースにも輝いている。

 連覇を狙うゴールドドリームにとって強力な援軍となったのが、今回に合わせてムーア騎手が短期免許で来日したことだ。昨年のチャンピオンズCは「世界のムーア」が勝たせたような見事なレース運びだった。

 その相棒と再びコンビを組めるのは、まさに鬼に金棒。2年連続となるドバイワールドカップ挑戦も視野に入っており、ここは再び「日本最強」を証明する舞台となる。

 昨年のチャンピオンズCでそのダート王を最後まで苦しめたのが、悲願のG1制覇を目指すテイエムジンソク(牡6歳、栗東・木原一良厩舎)だった。

 昨年のダート界、最大の上がり馬は間違いなくテイエムジンソクだろう。昨冬のフェブラリーSが行われゴールドドリームがダート王に君臨した頃、本馬はまだ1600万下で燻ぶり続けていた。

【フェブラリーS(G1)展望】最強ダート王ゴールドドリーム「世界のR.ムーア」が緊急参戦!「いぶし銀」テイエムジンソク悲願達成なるか!のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、ゴールドドリームテイエムジンソクフェブラリーSの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!