NEW

JRA藤岡佑介「クリンチャー乗り替わり」も? オーナーへの「非礼」と見事騎乗どちらが重い?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA藤岡佑介「クリンチャー乗り替わり」ある? オーナーへの「非礼」と見事騎乗どちらが重い?の画像1

 G1ホース4頭が集結した先週11日の京都記念(G1)を制覇したのは、昨年の菊花賞2着馬クリンチャー(牡4 栗東・宮本博厩舎)だった。

 3歳時はアルアイン、レイデオロと今回下した2着3着馬にクラシック2戦で敗退したクリンチャー。最後の直線で大外から伸びてきたアルアイン、道中の折り合いに苦労したレイデオロに対し、インの4番手で脚を溜め、直線では真ん中を通ってライバルたちとの叩き合いを制した。もともと渋った馬場が得意だったことに加え、ベストな位置取りからレースを運べたのが勝因か。

 宮本調教師はレース前から「目標は天皇賞」「(目標のためには)相手が強いとかいってられない」とかなり強気だったがその通り、春の盾をしっかりと見据える結果を残した。

 3歳時から「隠れた素質馬」として期待され、皐月賞4着、菊花賞2着と世代トップクラスの実績を残してきたクリンチャー。「強い4歳世代」の一角として、春の主役に躍り出る準備は整ったといっていい。

 また、同馬の強さは、鞍上である藤岡佑介騎手との相性の良さもあるだろう。

「デビュー戦以外の7戦に騎乗している藤岡騎手ですが、ここ2戦を見る限りでは同馬の特性を掴んでいる印象ですね。菊花賞の際も3コーナーから仕掛ける積極的な騎乗で2着を確保。昨年は惨敗もありましたが、糧に変えてきたという印象です」(現場記者)

「名コンビ」としての土壌をじっくり築いてきた藤岡騎手。本番の天皇賞でも抜群のコンビネーションに期待したいところだが......。

 ここへきて、まさかの「乗り替わり」の可能性がわずかにあるという。しかも、最近よくある「外国人優先」というものでもないらしく......。

JRA藤岡佑介「クリンチャー乗り替わり」も? オーナーへの「非礼」と見事騎乗どちらが重い?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、JRAクリンチャー藤岡佑介の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!