NEW

パチスロ「世界的ゲーム」登場も"版権潰し"の過去実績...... 「バイオ」「モンハン」人気機種輩出も失墜し続ける悲惨な現状

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「世界的ゲーム」登場も版権潰しの過去実績...... 「バイオ」「モンハン」人気機種輩出も失墜し続ける悲惨な現状の画像1
 


 今月から開始された新規則「6号機」の施行に伴い、パチスロ「5.9号機」の"駆け込み販売"が続いている。

 大都技研の看板コンテンツ『押忍!番長A』を筆頭に、人気アニメ『これはゾンビですか?』、パチンコで絶大な支持を得た『GANTZ』がパチスロで登場するなど、今月から4月までに15機種以上もの新機種が導入予定だ。悲観的な声が相次ぐ「5.9号機」の巻き返しに期待したいところである。

 そんな続々と新機種の登場が決まるなか、あの有名ゲームもパチスロで登場することが明らかとなった。

 それが、大人気アクションゲーム『ロックマン』だ。

 1985年にカプコンから登場して以来、シリーズ累計販売数は3,000万本超。その人気は世界まで波及しており、アメリカではアニメ化されるほどの人気版権の1つである。

 気になるスペック面やゲーム性に関しては一切明らかになっておらず、検定を通過した情報のみが判明している。

 そして今回販売するメーカーは、ゲームを輩出したカプコンの関連会社『エンターライズ』。今話題沸騰中の『モンスターハンター』シリーズや法廷バトルゲーム『逆転裁判』など、数多くのゲーム版権をパチスロ化。ゲームをパチスロに落とし込むことに関しては業界随一といえるが......。

パチスロ「世界的ゲーム」登場も"版権潰し"の過去実績...... 「バイオ」「モンハン」人気機種輩出も失墜し続ける悲惨な現状のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、エンターライズパチスロロックマンの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!