NEW

中山記念(G2)ウインブライト陣営に「分裂」疑惑!? 世代屈指の「中山巧者」が満を持しての王道参戦も「方向性の違い」?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中山記念(G2)ウインブライト陣営に「分裂」疑惑!? 世代屈指の「中山巧者」が満を持しての王道参戦も「方向性の違い」?の画像1

 25日に行われる中山記念(G2)に、世代を代表する「中山巧者」ウインブライト(牡4歳、美浦・畠山吉宏厩舎)が出走する。

『netkeiba.com』の事前予想では、ヴィブロスやアエロリットといったG1馬を差し置いて、ペルシアンナイトに次ぐ2番人気に予想されているウインブライト。近走の充実ぶりに加え、スプリングS(G2)勝ちを含む「2戦2勝」の中山1800mに期待するファンも多いようだ。

 もし、ここで1着を獲れるようなら大阪杯(G1)への優先出走権も確保できるが......肝心の「陣営のトーン」は決して高くないようだ。

「陣営は、G1馬を相手に戦うには『まだ成長が足りない』と感じているようですね。抜群の動きだった1週前追い切りの後、反動が出てしまったように、まだ体質に弱いところがあるとか。すでにG2を勝っていますが、相手は同世代ですし、それほど強いメンバーではありませんでした。本格化は今年の秋か、来年頃になるのではないでしょうか。

実は当初、先週の小倉大賞典(G3)を予定していましたが、所属するクラブの意向で仕方なくこのレースに回ってきたとか......。中山は良いですし、一発を期待したいですが陣営の"ホンネ"は当面、ローカル重賞を転戦したいようですね」(競馬記者)

 前々走の福島記念(G3)で重賞2勝目を飾り、前走の中山金杯(G3)でもクビ差の2着。目下の充実ぶりは誰の目に明らかだが、陣営の評価は「G3は卒業」ではなく、「G3なら何とか戦える」といったもののようだ。

 実際に前々走の福島記念は、勝ったもののハンデは54kg。それも6着までが約1馬身差にひしめく大接戦を制してのものだった。続く前走の中山金杯もまたハンデ戦らしい接戦の中、主戦の松岡正海騎手が1枠1番の好枠を活かした好騎乗があっての結果。

中山記念(G2)ウインブライト陣営に「分裂」疑惑!? 世代屈指の「中山巧者」が満を持しての王道参戦も「方向性の違い」?のページです。GJは、競馬、ウインブライトペルシアンナイト中山記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!