NEW

「コロコロコミック」休刊現実味か......「海外偉人侮辱」で国際問題寸前、昨年末『ガキの使い』と似た状況か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「コロコロコミック」休刊に現実味......「海外偉人侮辱」で国際問題寸前、昨年末『ガキの使い』と似た状況かの画像1

 小学館の「月刊コロコロコミック」(2018年3月号)の問題が拡大の一途を辿っている。

 同誌連載中の漫画『やりすぎ!!! イタズラくん』(作・吉野あすみ)で、モンゴルの英雄チンギス・ハンに対し不適切な描写をしたとして、駐日モンゴル大使館が2月23日に抗議文を掲載するまでに発展したこの問題。すでに複数の大手書店で販売停止の措置もとられている。

 もともと歴史上の英雄や有名人に「いたずら」する描写が多かったということで「程度が低すぎる」「子どもが笑えばそれでいいのか」と、作者や編集部に対しての批判は少なくなかったようだ。今回の件もまた「なるべくしてなった」という見方は強い。

「過剰反応しすぎという声もありますが、大使館が動いたのですからこの怒りは相当なもの。逆に日本の歴史上の人物などが海外でバカにされればネットなどで大騒ぎにもなりますし、看過できるものではないでしょうね。他の作品やそのファンは気の毒ですが......。

一部では『とりあえず休刊でいい』という声もあります。最近は部数も『妖怪ウォッチ』の勢いがなくなり下降気味で、100万部を大きく割ってしまっています。今回の問題も"焦り"からきたものなのかどうなのか」(記者)

 確かに冗談抜きの「国際問題」にまで発展しかけている雑誌になってしまったのは事実だ。この作品の打ち切りはほぼ確定だろうが、モンゴルの怒りを抑えるためにも、一時的にでも「休刊」を求める声が出るのは自然である。

 長らく少年マンガ雑誌としてトップクラスの位置をキープしていた同誌。ただ、部数的にも社会の目からしても追いつめられている印象だ。

「コロコロコミック」休刊現実味か......「海外偉人侮辱」で国際問題寸前、昨年末『ガキの使い』と似た状況かのページです。GJは、エンタメ、ガキの使いコロコロコミック休刊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!