NEW

パチンコライター「ほぼ追放」レベルの"疑惑"騒動...... 「設定6占拠」「高設定おねだり」パチンコ店で起きたライターの「炎上騒ぎ」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコライター「ほぼ追放」レベルの疑惑騒動...... 「設定6占拠」「高設定おねだり」パチンコ店で起きたライターの「炎上騒ぎ」の画像1

 パチンコ攻略誌の執筆だけではなく、動画の出演や来店取材など幅広く活躍するパチンコライター

 来店イベントの際は、多くのファンがパチンコホールに押し掛け、サインや写真撮影が行われている。ホールを盛り上げるパチンコライターの存在は必要不可欠だ。

 しかし、その来店イベントが大問題に発展したケースも存在している。本来であれば、パチンコ店を活気付けファンとの交流の場となるはずが......自身の不注意によって"不正"を疑われたライターもなかにはいる。

 その代表的なライターといえば、「パチスロ必勝ガイド」(ガイトワークス)に所属する女性ライター・朝比奈ユキだ。

「2015年、朝比奈自身がプロデュースした『来店イベント』企画での『設定6』疑惑ですね。その日、朝比奈はパチスロ『押忍!サラリーマン番長』(大都技研)を打っていたんですが、その台でパチスロの最高設定『設定6』が確定する演出を出し、自身のTwitter上にその画像をアップ。

この画像が騒動をより拡大させ、『設定6を知った上でその台に座ったのでは?』との疑惑が持たれました。ユーザーからは『ふざけるな』『一般客が可哀相』と非難が相次ぎましたね」(記者)

 イベント名に『プロデュース』という単語が使われている以上、朝比奈が疑われてしまうのも無理はない。これだけならまだ穏便に済みそうだったが......。

パチンコライター「ほぼ追放」レベルの"疑惑"騒動...... 「設定6占拠」「高設定おねだり」パチンコ店で起きたライターの「炎上騒ぎ」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチンコパチンコライター朝比奈ユキの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!