NEW

ジェニアル、武豊と「覚醒」の2連勝! マイル界席巻第一歩も、「目標」は遠くなる複雑

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジェニアル、武豊と「覚醒」の2連勝! マイル界席巻第一歩も、「目標」は遠くなる複雑の画像1

 名手が惚れ込んだ素質馬の才能がついに開花しようとしている。

 11日(日)、阪神競馬場8R・4歳上500万下(芝・1600m)に出走したジェニアル(牡4、栗東・松永幹夫厩舎)が2着に3馬身差をつけて快勝した。

 主戦騎手の武豊騎手を背に乗せて2番人気に支持されたジェニアルは、中団後ろめにつけて機をうかがう。4コーナー周って直線に入ると大外から武豊騎手のムチに応える形で加速。上がり最速33.8秒の切れ味鋭い末脚を発揮して見事に勝利を収めた。

 昨年の7月以来、長期休養明けでの出走となったもののこれでジェニアルは2連勝。父にディープインパクト、母に2010年の仏オークス馬でその年のヨーロッパ最優秀3歳牝馬に選出されているサラフィナを持ち、セレクトセール2015において1億6000万円で落札されるなど話題に事欠かなかった同馬の才能がついに開花しようとしている。

「デビュー当初は中長距離戦に出走するも、5着、9着、7着と惨敗。期待されていた活躍とは程遠い結果しか出ていませんでした。ですが、マイルスプリント路線に舵を切ったところ2連勝を記録。半妹のプリュス(父ヴィクトワールピサ)もスプリントで結果を残していますので、血統的にはこの路線が向いているのかもしれませんね」(競馬誌ライター)

 このジェニアルが競り落とされたセレクトセールの会場には母馬サラフィナの主戦を務めていたC.ルメール騎手も訪れ、『母の面影がある』『ディープインパクトとサラフィナは世界で一番の配合』と興奮気味に語ったと伝えられた。そして、冗談半分ながら騎乗希望も飛び出したそうだ。それほどまでの素質馬がついに開花の時を迎えようとしているのだが、関係者たちからするといささか複雑な気分?

ジェニアル、武豊と「覚醒」の2連勝! マイル界席巻第一歩も、「目標」は遠くなる複雑のページです。GJは、競馬、キーファーズジェニアル武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!