NEW

パチスロ『押忍!番長』を超える大都技研"看板コンテンツ"が登場か!? 出玉規制「5.9号機」のイメージを覆す可能性は"大アリ"?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ『押忍!番長』を超える大都技研看板コンテンツが登場か!? 出玉規制「5.9号機」のイメージを覆す可能性は大アリ? の画像1


 パチンコ・パチスロ両分野においてヒット機種を輩出するパチンコメーカー大都技研

 今年春には、同社の代表コンテンツ『押忍!番長』がノーマル+RTで登場予定だ。設定6のボーナス合算確率は約1/120と軽く、全シリーズの人気演出が踏襲されるなど、パチスロファンからの注目度は非常に高い。

 また、発売時期は未定だが、人気コンテンツ『秘宝伝』のパチンコが新たに登場するとの噂が浮上している。一部情報によると、甘デジでは珍しい2400発を搭載しているようで、パチンコへの関心も高まっている状況だ。同社に対する注目度は日に日に増すばかりだが......。

 そんな大都技研の販売機種に関し、新たな情報が舞い込んできた。なんと『秘宝伝』がパチンコに続き、パチスロでも登場するとの噂が関係者の間で囁かれている。

「大都の人気機種『番長』の後に、『秘宝伝』がパチスロで登場するようです。スペックはART機でボーナスも搭載しているとか。出玉面は、4ケタ前後の出玉獲得頻度がかなり高いようですよ。もちろん、ART機であれば有利区間の関係上、一撃の獲得枚数に限界はありますが......。

仕事帰りや少ない時間でも楽しめそうなスペックに思えます。5.9号機のなかでも遊びやすい部類かもしれません。それに加え、パチスロではお馴染みの版権『秘宝伝』ですからね。注目度は高いですよ」(記者)

 ある程度の出玉獲得に特化している、と噂される『秘宝伝』。ただ、気になるのは苦戦が続く「5.9号機」で登場する点だ。これまでART機『ゴッドイーター2』や『戦国コレクション3』など、多くの人気コンテンツが敗北を喫してきた。「ART」と「5.9号機」の相性は最悪といえるが......。

パチスロ『押忍!番長』を超える大都技研"看板コンテンツ"が登場か!? 出玉規制「5.9号機」のイメージを覆す可能性は"大アリ"? のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、大都技研押忍!番長秘宝伝の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!