NEW

【ファルコンS(G3)展望】武豊アサクサゲンキに「超成長」ダノンスマッシュが仁王立ち!? マイルG1につながる激戦

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【ファルコンS(G3)展望】武豊アサクサゲンキに「絶好仕上げ」ダノンスマッシュが仁王立ち!? マイル短距離G1につながる激戦の画像1

 17日(土)に中京競馬場で開催されるファルコンS(G3)。5月6日に東京競馬場で開催されるNHKマイルC(G1)制覇を目標とする快足自慢の馬たちがずらりと顔を揃えた。

 まず、歴史的スプリンター「龍王」ロードカナロアの初年度産駒であるダノンスマッシュ(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)は外せない。ここで受け継がれたスピード遺伝子の優秀さを見せつけたいところだ。

 2連勝して臨んだ前走の朝日杯フューチュリティS(G1)では、4番人気に支持されたダノンスマッシュ。だがレースでは少し出遅れてしまい、後方からの競馬を余儀なくされてしまう。直線に入ってから鞍上の福永祐一騎手が必死に追うも、先頭には届かず結果は5着。無念の結果に終わった。

 レース後に福永騎手はスタート直後にトモを落としたために落馬しかけたことが響いたといい「ペースが流れませんでしたから、アクシデントが痛かった」とスタートの失敗に敗因を求めた。

 前回はトラブルに見舞われ全力を尽くしたとは言い難いレースぶりに終わってしまったダノンスマッシュ。ここで心機一転を図るべく陣営の意向で、福永騎手から戸崎圭太騎手に乗り替わりを決定。

【ファルコンS(G3)展望】武豊アサクサゲンキに「超成長」ダノンスマッシュが仁王立ち!? マイルG1につながる激戦のページです。GJは、競馬、ダノンスマッシュファルコンS武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!