NEW

JRA「大手クラブいいなり調教師」に厩舎スタッフも失望か......厩舎内反発も「あてつけ報復行為」が......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「大手クラブいいなり調教師」に厩舎スタッフも失望か......厩舎内反発も「あてつけ報復行為」が......の画像1
※イメージ画像

 競馬は騎手、調教師、厩舎スタッフ、そして馬主など、数多くの立場の人間が協力しあって成立している。当然ながらその関係性を構築していく上で、誰もが聞き惚れる美談がある一方、それ以上に聞くに堪えないドロドロとした醜聞がつきまとっている。醜聞が多いからこそ、美談の輝きは増すのかもしれないが......。

 今回は、関東の有力厩舎にまつわる一筋縄では解決できないスキャンダルを紹介しよう。

 その大物調教師Zが率いる厩舎は、数年前にスター牝馬を輩出。長年にわたって調教師リーディングでも存在感を示しており、関東の古豪としてその名を広く知られていた。

 だが、最近では寄る年波には勝てないのか、影響力が徐々に落ちはじめてしまったという。

「近年、厩舎は個人馬主だけではなく、1口馬主クラブ法人が所有する馬を預かることも多くなってきています。Z調教師の厩舎もそれは同様です。それは悪いことではないのですが、問題なのは厩舎に預託した馬の育成、さらにはレースのローテーションなどにまでも口を出すようになるクラブ法人がいるということです。特にZ調教師の厩舎スタッフは、とある大手クラブから出される無謀な指示に辟易しているらしいんですよ」(競馬記者)

 当初はZ調教師もオーナーからの無理難題に抗っていたようだが、いつしかいいなりになってしまったという。口さがない関係者の中には、Z厩舎をそのクラブ法人の"美浦支店"と呼んでいるというからおだやかではない。

JRA「大手クラブいいなり調教師」に厩舎スタッフも失望か......厩舎内反発も「あてつけ報復行為」が......のページです。GJは、競馬、JRA競馬馬主の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!