NEW

パチンコホール、倒産ペースが「年600店舗」超え...... ホール数「9000店舗」以下"今年中"に起きる?加速するホールの「廃業」スピード

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 パチンコホール、倒産ペースが「年600店舗」超え...... ホール数「9000店舗」以下今年中に起きる?加速するホールの「廃業」スピードの画像1

 最盛期には1万8000店舗以上も存在していたパチンコ店だが、現在は9600店以下と減少の一途を辿っている。4号機から5号機へ移り変わるといった、段階を追う毎に厳しさが増す「出玉規制」が主な理由だろう。

 今年2月からはギャンブル依存症の観点から出玉が見直され、、パチンコ・パチスロ双方ともに大当たり時の獲得出玉は全て下方修正された。パチスロは新規則「6号機」へと完全移行する。

 実際、パチンコホールで構成される全国組織「全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)」の同組合加盟店舗の実態調査によれば、2月末の時点で店舗数は「9583件」と前月と比べ「62件減少」していたことが明らかになった。

 また、廃業した店舗数は「56件」にも及び、1月の「62店舗」と合わせると118件。昨年のペースを大きく上回るスピードである。

 この廃業ペースが維持し続ければ、以前に大きな関心を集めた「9000店舗以下」発言を上回るスピードだ。

「今年2月開催の『第6期第2回セミナー』で発表された、『2020年には9000店舗を下回る可能性も十分にある』発言が大きな話題を集めましたね。

現在の廃業スピードは月平均で約60店舗。新規店は今年1月に26店舗でしたが、2月は9店舗とガクッと下がっています。現在の状況を考えると、新規出店数が2月を超えることはないでしょう。

パチンコホール、倒産ペースが「年600店舗」超え...... ホール数「9000店舗」以下"今年中"に起きる?加速するホールの「廃業」スピードのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチンコパチンコホール倒産の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!