NEW

エージェント切って「大躍進」!! JRA大野拓弥騎手「キャリアハイ」更新ペースの影に本人の「性格」と「お財布に優しい」真実が

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エージェント切って「大躍進」!! JRA大野拓弥騎手「キャリアハイ」更新ペースの勝利には本人の「性格」と「お財布に優しい」真実がの画像1

 何も"それ"がすべてではない、ということだろうか。

 JRAに所属する騎手にとって、勝鞍を重ねる大前提として重要なのが「エージェント」であることは、今さら語るまでもあるまい。

 昨年から今年にかけ、JRA主導で「エージェント改革」なるものも行われ、エージェントにも様々な制限が付与されることにはなったものの、依然として影響力は絶大。リーディングトップを狙うには、エージェントの力は不可欠と断言できる時代だ。

 一部には例外もある。美浦の重鎮・横山典弘騎手は、昨年春よりエージェントとの契約を解除し、その後は積極的に栗東トレセンに「営業」をかけ騎乗馬を集める動きをし、すでに昨年45勝を上回るペースの16勝(3月20日時点)を収めている。とはいえ、あくまでもこれは「天才・横ノリ」だからこそと考えることもできるだろう。エージェントなしでも「託してみたい」と思う現場関係者が多いことは容易に想像できてしまう。同じく美浦の蛯名正義騎手は、エージェントを切ってから目に見えて成績も低下した。

 やはり、一部のトップ騎手を除き「エージェント大国日本競馬」は変わらずか......と思いきや、そんなイメージを覆しつつあるジョッキーがいる。

 美浦の大野拓弥騎手だ。

「大野騎手は昨年夏にエージェントとの契約を打ち切りました。関係者や記者の間でも『今年は苦戦するだろう』と多くの人が語っていたのですが、蓋を開ければ昨年の自己ベスト56勝をさらに上回るペースの15勝(3月20日時点)をマーク、関東6位、全国17位と躍進しています。

エージェント切って「大躍進」!! JRA大野拓弥騎手「キャリアハイ」更新ペースの影に本人の「性格」と「お財布に優しい」真実がのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、JRAエージェント大野拓弥の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!