NEW

『RTDリーグ2018』20回戦が「神回」と話題沸騰! 帝王・佐々木寿人が言葉を失う中「奇跡の逆転」トップを決めたのは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『RTDリーグ2018』20回戦が「神回」と話題沸騰! 帝王・佐々木寿人が言葉を失う中「奇跡の逆転」トップを決めたのはの画像1
※画像は『AbemaTV』から

 2日に新規放送再開となった『RTDリーグ2018』(AbemaTV)の『WHITE DIVISION』。麻雀界のトップオブトップが集結する業界最高峰の長期リーグ戦で、この日に行われた第20回戦が視聴者の間で「神回」だったと大きな反響を呼んでいる。

 前回の19回戦でトップに立った佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)、2位の鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)を追う、3位の石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)、4位の勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、5位の平賀聡彦(最高位戦日本プロ麻雀協会)、そして8位の最下位に沈んでいる猿川真寿(日本プロ麻雀連盟)の4人で始まった20回戦。

 全54回戦という長期戦のRTDリーグも、約1/3を消化して中盤戦に突入。この20回戦は、虎視眈々と上位進出を目指す3人に対して、現在-326.3ポイントで断トツの最下位に沈んでいる猿川がどう巻き返すのかが、最大の注目点だった。

『RTDリーグ2018』20回戦が「神回」と話題沸騰! 帝王・佐々木寿人が言葉を失う中「奇跡の逆転」トップを決めたのはの画像2
※画像は『AbemaTV』から


 中盤戦入り口とはいえ、今シーズンから最下位には「無条件」での次回出場停止処分があるRTDリーグ。最下位脱出には非常に大きな意味があるが、7位の鈴木達也(日本プロ麻雀協会)とも200ポイント近い差をつけられている猿川からすれば、すでに崖っぷちの状況......。起家となる親番で、なんとしてもアドバンテージを築きたかったが、無情にも石橋が5200点あがりで、まずは主導権を握る。

 次に見せ場を作ったのが、前シーズン王者の平賀だった。持ち前のリーチの応酬で場を支配すると、東4局の親番で連続あがりをゲット。石橋も必死に食い下がるが、みるみる内に5万点を超える点棒を積み重ねる。猿川、勝又はただただ耐える他なかった。

 その後、猿川がなんとか満貫(8000点)をものにして南入。とはいえ、平賀の点数は53300点。22900点の2位石橋との差は大きく、半ば大勢をが決したような状況だった。

『RTDリーグ2018』20回戦が「神回」と話題沸騰! 帝王・佐々木寿人が言葉を失う中「奇跡の逆転」トップを決めたのはのページです。GJは、麻雀、AbemaTVRTD麻雀の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!