NEW

センバツ高校野球決勝「近畿攻めダルマ」対決! 「最強」大阪桐蔭VS「超打撃」智弁和歌山のキーマン

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yakyuu0322.jpg

 スポーツ界、春の風物詩がいよいよクライマックスを迎える。第90回記念選抜高校野球大会は4日がいよいよ決勝戦。清宮フィーバーに沸いた昨年と打って変わり、今年は強豪チームの"攻撃力"にスポットライトが当たっている。その傾向を表すかのように、決勝カードでは攻撃自慢の智弁和歌山と大阪桐蔭が激突する。

 智弁和歌山は、試合を重ねるごとに攻撃に拍車がかかり、ここ2試合連続で2桁得点をマーク。なかでも際立っているのが、リードされている場面での勝負強さだ。

 準々決勝・創成館戦では一時5点差をつけられながらも9回に追いつき、延長戦では勝ち越された場面で黒川の逆転サヨナラ打で劇的勝利。勢いそのままに優勝候補の一角・東海大相模との準決勝では、8回の集中打で一挙4点を奪い同点、そして延長10回にまたしても黒川の勝ち越し打で勝負を決めた。決勝でもシンデレラボーイ・黒川が勝負にどうからむのか注目だ。

 また、1年次からクリーンナップを務める広角バッター文元も打率4割台を記録し好調をキープ。疲労骨折からカムバックした主砲・林も徐々に調子を上げており、中軸がフル回転すれば決勝での大量得点も大いに期待できる。

 対する大阪桐蔭にとっては、史上3校目の春連覇がかかる歴史的一戦になる。今年のメンバーは、中村剛也や中田翔といった名だたる一流バッターを輩出した名門の歴史のなかでも「最強世代」との呼び声が高い。

センバツ高校野球決勝「近畿攻めダルマ」対決! 「最強」大阪桐蔭VS「超打撃」智弁和歌山のキーマンのページです。GJは、スポーツ、センバツ大阪桐蔭智弁和歌山の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!