NEW

パチスロ「6号機」でも"革命スペック"が活躍!? 時代を創った「歴史的名機」を振り返る!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「6号機」でも革命スペックが活躍!? 時代を創った「歴史的名機」を振り返る!!の画像1


 2004年から開始されたパチスロ「5号機」が今年2月に終焉を迎え、新規則「6号機」がスタートしました。

 今回の規則改正から、ボーナスの獲得枚数は大幅に下方修正され、現行機の『ジャグラー』シリーズの仕様ですら「6号機」では導入することができないのです。

 ただ、『スパイダーマン2』(サミー)といったRT機、『2027』(JPS)のようなART機は「6号機」でも搭載することが可能で、今後の新機種にも活用できるシステムといえるでしょう。

 そこで今回は前回に引き続き、「6号機」でも活躍するであろう"革命的機能"を搭載した「5号機」名機種を取り上げたいと思います。

"業界初"ARTの新概念

パチスロ「6号機」でも革命スペックが活躍!? 時代を創った「歴史的名機」を振り返る!!の画像2

 RT機が多く占めているなか、業界初のART機『ジャックと豆の木』(ヤーマ)が登場し「ARTスペック」のシェア率が上がり始めた2007年、現在でも通じる「ART」の基本形を初搭載したパチスロが誕生しました

 その機種とは、タイヨーエレックから販売された「マーベルヒーローズ」です。

 本機はビッグボーナスとARTで出玉を増やす仕様ですが、これまでにない新概念を搭載していました。なんと今ではスタンダードなシステム「上乗せ」を初めて取り入れた機種なのです。

パチスロ「6号機」でも"革命スペック"が活躍!? 時代を創った「歴史的名機」を振り返る!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、5号機6号機パチスロの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!