NEW

大谷翔平「本拠地ホームランデビュー」も"いじめ"勃発!? スタートダッシュに見る「あの選手」との共通点

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平「本拠地ホームランデビュー」もいじめ勃発!? スタートダッシュに見る「あの選手」との共通点の画像1

 エンゼルス大谷翔平投手が本拠地デビューし、いきなり見せつけてくれた。

 8番DHで先発した大谷は1回第1打席、2死2、3塁でカーブを捉え、そのままボールは右中間スタンドへ。いきなり3ランホームランで「ご挨拶」を済ませた。

 すでにメジャー初安打、投手として初勝利を上げ、さらに初本塁打までも達成し、抜群の存在感を放っている。

「ホームラン後、ベンチに戻って一時チームメイトに『無視』されていました。大谷選手が『無視するなよ』といわんばかりにあるチームメイトの背中を揺さぶると、ようやくみんなで祝福。

一部では『いじめられてるのか』なんて声もありましたが、これはエンゼルス恒例のジョークのようです。それでも、今の大谷選手のチームでの立ち位置が見えますよね。いじられる愛されキャラといいますか」(記者)

 すでにMLBにバッチリ順応しているように見える大谷。日本球界ではスケールの違いすぎるプレーの数々を見せつけてきたが、ベースボールの本場でもそれは変わらないのだろうか。

 チームにも地域にも愛され、いきなりホームランデビュー。まるで「あの選手」である。

「松井秀喜氏とまったく同じですね。松井氏も2003年ニューヨーク・ヤンキースの本拠地デビューでいきなり満塁ホームランを打ち、日米を沸かせました。その後はヤンキースの中心選手として活躍を続け、2009年にはワールドシリーズMVPにも輝いています。大谷選手もこれに続きそうな、素晴らしいデビューをしていますね」(同)

 日本球界史上最高の才能が、米国をも席巻するか。とにもかくにも目が離せない。

大谷翔平「本拠地ホームランデビュー」も"いじめ"勃発!? スタートダッシュに見る「あの選手」との共通点のページです。GJは、スポーツ、MLBホームラン大谷翔平の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!