NEW

大相撲「人命」より「伝統」の異常性浮き彫りか。舞鶴市長倒れても「女性土俵上がるな」の低モラル

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大相撲「人命」より「伝統」の異常性浮き彫りか。舞鶴市長倒れても「女性土俵上がるな」の低モラルの画像1

 京都府舞鶴市で4日に開催された大相撲舞鶴場所で、土俵上で多々見良三市長があいさつ中に倒れた際の出来事が波紋を呼んでいる。市長は検査のため入院しているが、意識はあり会話ができる状態という。


 多々見市長が倒れた後、心臓マッサージなど救命処置をしていた女性たちに「女性は土俵から下りるように」とアナウンスが複数回行われたことが明らかになった。

 土俵から降りるようにとの場内アナウンスがあったことに関して日本相撲協会の八角理事長は同日にコメントを出し『とっさの応急処置をしてくださった女性の方々に深く感謝申し上げます』『女性は土俵から降りてください」と複数回アナウンスを行いました。行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くお詫び申し上げます。』とコメントを出したが......。

 ネット上にはその様子を映した動画が流れ「女性の方は土俵から下りてください」「男性がお上がりください」というアナウンスもあった。

 角界の「常識」やら「慣習」やらは今さらどうでもいいことだが、「人命」以上に大切なこと、という認識であるようにこの動画からは見えてしまった。

大相撲「人命」より「伝統」の異常性浮き彫りか。舞鶴市長倒れても「女性土俵上がるな」の低モラルのページです。GJは、スポーツ、女性相撲舞鶴の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!