NEW

西部邁氏「自殺ほう助」TOKYO MXディレクター逮捕に戦慄......複数の「自殺理由」と経緯

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西部邁氏「自殺ほう助」TOKYO MXディレクター逮捕に戦慄......複数の「自殺理由」と経緯の画像1

 今年1月、評論家・西部邁氏が多摩川で入水自殺した件に関し、警視庁が西部さんが出演していた番組の担当者で「TOKYO MX」テレビの子会社のディレクターら2人を「自殺した際に手助けをした」として、自殺ほう助の疑いで逮捕したことがわかった。

 以前から「週間文春」(文藝春秋)が「邁さんは手が不自由で、食事をするときは箸ではなくスプーン」にもかかわらず「遺体は、工事現場用のハーネスで固定され、白いロープが結び付けられていた」という点などが不自然だ、というスクープを報じていたように、事件である可能性を示唆する報道は少なくなかった。

そんな中、警視庁がテレビでディレクター2人を逮捕したというのだからその衝撃はやはり大きい。

 TOKYO MXでは『西部邁ゼミナール』や『談志・陳平の言いたい放だい』にも出演するなど、もともと密接な関係になった西部氏。今回のディレクターというのは、こうした番組に関わったスタッフだったという。

「なんとも不気味というか、不可解な事件ですね。一般感覚でいえば『頼むのも、頼まれるのも信じられない』といった状況でしょう。

ただ、一部報道では以前西部さんが『来年は必ず青酸カリかピストル自殺します』と語っていたという情報や『4年前に亡くした妻の影響』という話、さらには『関係の深かった知人女性の死』が影響とも。はっきりした理由は明らかになっていませんが、その2人が事件の真相の大きなカギをにぎっているのは確かですね」(記者)

西部邁氏「自殺ほう助」TOKYO MXディレクター逮捕に戦慄......複数の「自殺理由」と経緯のページです。GJは、その他、TOKYO MX自殺西部邁の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!